2017年01月16日

山崎ハコ 大岡山『Goodstock Tokyo』ライブ

IMG_2119.JPG 今年は酉年、ハコYear!/Goodstock Tokyo 山崎ハコLive
 2017年1月15日(日) Goodstock Tokyo 
 山崎ハコ (vo/g)、 安田裕美(g)
 music charge 予約¥5000、当日¥5500円(ドリンク別途)
 door open: 18:00
 show start: 19:00
 http://www.goodstock-tokyo.com/index.html

『セットリスト』
(第1部)
 1.歌いたいの
 2.織江の唄
 3.かざぐるま
 4.さすらい
 5.ヨコハマ
 6.スノウ
(第2部)
 7.横浜ホンキートンクブルース
 8.りんご追分
 9.歌ひとつ
 10.ごめん・・・
 11.女は人魚
 12.BEETLE
 13.縁
(アンコール)
 14.私のうた
 15.気分を変えて

『今年は酉年、ハコYear!』
”今年は酉年、ハコYear!”と題されたライブ。ハコさんの今年初めてのライブです。
ハコさんは1957年5月18日生まれですので、今年は年女。しかも今年は2017年ですので、60年ぶりの丁酉(ひのととり)ということで、ハコさんもめでたく今年還暦を迎えることになりました。
『年女!だし 還暦だし! だからハコYear! で行くよ!』
『あたしゃ〜今年はやるよ!』というわけで、ハコさんの意気込みが伝わります。

その意気込みがこの日のライブで配られました。

IMG_2122.JPG

なんと『カ・ン・レ・キ・バースディライブ!』 2DAYS!です!
チケットはすでに先行販売されています。
山崎ハコ カ・ン・レ・キ・バースディライブ! 先行予約受付中
もちろん、ハコ友と一緒に二日間通いますとも!楽しみです。

『不参加!???』
あ、”今年は酉年、ハコYear!”についてしか書いていませんね。では、ライブについて少しだけ。
実はこの日のライブ、直前まで参加する予定にしていませんでした。
2月18日に「赤坂GRAFFITI」でのライブに行く予定ですし、
2月28日の「Yoshio's Memorial」も予約済み、
そして今年は3月の京都「都雅都雅」でのライブも参加予定していますので、
「まあ1月の大岡山ライブの参加はやめとこうか」って思っていたんです。

『神対応』
しかし、ライブの二日前にライブ終演後に会場で『ハコさんと集う会』が開催されることになったとの情報がハコ友からもたらされ、さらにソールドアウトの状況だったチケットも会場に電話して確保してくれる神対応!ここまでしていただいたらねえ〜〜〜!

そして前掲のセットリストです。

第1部をセカンドアルバム収録曲の「歌いたいの」で初めて、最大のヒット曲である「織江の唄」をはさんでファーストアルバム「かざぐるま」「さすらい」を歌って、ハコさんにとって思い入れの深い「ヨコハマ」を歌い、一部の最後にアルバム『縁』収録の「スノウ」で持ってくる。

初期のアルバムの曲から初めて、これまでの音楽人生でターニングポイントになった曲を続けていくというのは、ハコさんのライブではお馴染みのセットリストですが、1曲目に「歌いたいの」というのはたぶん初めて聴きましたし、「かざぐるま」「さすらい」に至ってはライブで聴いたことすらありません。しかも、この曲を歌い始めた17〜18歳の時と同じキーで楽しそうに歌ってみせたのです。

ハコさんはその昔の女性自身によるインタビュー記事で、事務所がなくなり一人で放り出されても歌い続けたことの理由について語っています。ちょっと長くなるけれど引用すると、

『『飛びます』なんて、あんなすごい歌を17歳で作っているのに、なんでいま負けているのよとか言って。やっぱり自分の歌で救われたんですよね。ということは、山崎ハコの究極の救世主になり得る歌を作っている、「この人を引退させちゃいけないだろう」なんて自分で思って、引退するもしないも、自分の意思一つだなあと気づいたんですよ。』ということ。

勝手に類推(妄想?)してしまいますが、

自分が17歳で作った唄に負けないために山崎ハコは引退させてはいけないと思い、頑張ってきて、結果『縁』という傑作アルバムが出来て、さらに続けて『歌っこ』そして『私のうた』つまり山形3部作というアルバムを作ることが出来た。みんな素晴らしいアルバムだけど、3部作の3枚目の『私のうた』ときたらもう名曲のオンパレードという出来のアルバムを作れた。17歳の時に作った凄いアルバムに勝てたかなんてことは自分でどうこう言うことではないけれど、昔の自分に恥ずかしい思いをさせないくらいにはやれている。

そんなことをハコさんは感じているのかなぁと第1部のステージを聴きながら思いました。もちろんすべて勝手な私の思い込みですが・・・・。ハコさんは、昔と同じキーで声が出るか心配だとか、ちゃんと歌えるか心配だとか、MCで話されていましたが、その状況を楽しみそして愛おしんでいるハコさんの気持ちが、伝わってきて、とてもとても嬉しい気持ちになりました。

いやあ、行かなかったら後悔していただろうなあって、本当に思います。
やはり持つべきものは友達です。本当に感謝しています。

『蛇足』
ファーストアルバムの収録曲『さすらい』を録音した時のハコさんの思い出。
この曲はジャジーなアレンジがされているのですが、スタジオに集められた手だれのミュージシャンがハコさんをみての第一声が『子供じゃん!』だったそうな。なんかそのエピソードが面白くて、家に帰って昔のLPを引っ張りだしてミュージシャンの名前を確かめてみました。

IMG_2120.JPG

ACOUSTIC GUITAR : KAZUYOSHI OKADA
WOOD BASS : KENJI TAKAMIZU
KEY BOARD : JUN SATO
DRUMS : SHYUICHI MURAKAMI


アコギの岡田さんについては、知識がなくてあまりよくわからないのですが、ベースはあの高水健司さんですよね。そしてキーボードは伝説のロックバンド『Smoky Medicine』のメンバーであり、Charバンドのメンバーでもあった佐藤準さん。ドラムはもちろん村上"PONTA"秀一大先生!

そりゃ、17歳のハコさんをみて、『子供じゃん!』って言うよねえ。
このエピソード、ジワジワ来ます。笑える!

さらに蛇足ですが、ファーストアルバムに安田裕美さんが参加していて、「望郷」と「かざぐるま」でギターを弾かれているのは有名なお話しですが、エレキギターで竹中尚人(Char)さんと大村憲司さん、エレキベースで小原礼さんが参加しているんですよね!これも凄いことだよなあとあらためて思います。とんでもない事務所だったけれど、ハコさんの可能性をよおくわかっていたのだとも思えます。

posted by たくカジ!!日記 at 15:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽

2017年01月13日

蜜蜂と遠雷

『ご本、出しときますね?』
年末のテレビ番組をチェックしていて、文筆系トークバラエティ「ご本、出しときますね?」というBSジャパンの番組のことを知りました。なかなか民放のBS番組まで目が届かないわけですが、この番組は「ゴッドタン」の佐久間プロデューサーの番組なのでした。しかも司会がオードリーの若林さん。

去年の4月から6月までの3ヶ月、12回放送したとのことですが、お正月に特番をやるということで過去の番組を宣伝を兼ねてすべて再放送してくれましたので、録画して全て視聴。全部面白かったのですが、特に西加奈子さん、朝井リョウくんとの回それから角田光代さんとの回、それぞれに最高でした。

で、お正月の特番です。ゲストが、朝井リョウ、西加奈子、村田沙耶香、綿矢りさ!
なかなか『蜜蜂と遠雷』にたどり着きませんが、この番組で朝井リョウくんが、
「悔しいけど…面白かった一冊」として紹介したのが『蜜蜂と遠雷』でした。

『蜜蜂と遠雷』
この小説を、朝井くんはこんな風に評論しています。
『蜜蜂と遠雷』 評・朝井リョウ(作家) ヨミウリ・オンラインより

さすが小説家!この過不足のない紹介!
そして、朝井くんも唸った『コンクール参加者がピアノを弾く、という映像的には同じ場面が何度も出てくるが、どのシーンにも異なった手触りがあり、読んでいて全く飽きない点。音楽という、文字では表現しづらいはずの芸術をあまりにも豊かに描き出す著者の恐るべき筆力』についてはまったく同感です。

自然児が天才ピアニストに素質を見出され、コンクールに挑むという展開はコミック『ピアノの森』に似ていますし、主人公と勝るとも劣らないたくさんのキャラクターがライバルとして登場するところもコンクールを描いているわけですから一緒なのですが、物語のすべてがコンクールのなかで進んでいく展開なので、より濃密な感動を味わうことになります。一次予選、二次予選、三次予選そして最終の本戦とストリーが進む中で、恥ずかしながら何回か涙が溢れて止まりませんでした。

恩田陸さんは、この作品で今月の19日に発表される第156回の直木賞候補になっていますが、この素晴らしい作品で直木賞を受賞されることを願っています。

『本の情報』
遠雷と蜜蜂.jpg 蜜蜂と遠雷 単行本
 恩田 陸 (著)
 単行本: 507ページ
 出版社: 幻冬舎 (2016/9/23)
 言語: 日本語
 ISBN-10: 4344030036 ISBN-13: 978-4344030039
 発売日: 2016/9/23


タグ:恩田陸
posted by たくカジ!!日記 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年01月09日

アップルペン!

『時折攻めるパン屋さん』
近所のパン屋さんに食パン買いに行ったら、こんな新製品

IMG_2117.JPG

棒を突き刺した林檎
ポップには、『アップルペン!』


『アッポーペン』 ではないのが味噌なんですね!


このパン屋さんが以前に攻めたのはこのパン!

IMG_2115.JPG

これも『ラッカシー!』 『ふなっしー』ではないんですよ!
『ラッカシー!』だから、もちろん中身がピーナッツ餡!
私のお気に入りのパンになっています。

=========================

さっそく家族に報告したら『さすが千葉』とのコメント。

あ、そうか!
どちらも千葉が産んだ大スターなんですね!


勿体無くて、まだ食べることが出来なくて、味は報告できないけれど、
あのパン屋さんだから、きっと美味しいんだと思います。



posted by たくカジ!!日記 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑記

2016年12月13日

サンタピカチュウ!

公式サイトに新しい書き込みがありました。

Pokémon GO にジョウト地方のポケモンと期間限定ピカチュウが登場します! 

holiday-pikachu.jpg

サンタピカチュウ!

それと同時に起動の画面が変わりました。

IMG_2083.PNG

いつまでハロウィンなんだと思っていましたが、ようやく季節らしい画面になりました。
まだ、クリスマスのイベントは開始されないようですが、とりあえずサンタピカチュウゲット出来るとうれしいのですが・・・。Pokémon GO Japanのツイートを注目していきたいと思います。

celebration-nov2016.jpg

posted by たくカジ!!日記 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑記

2016年12月09日

グレッグ・レイク逝去

3月にキース・エマーソンが自殺してこの世を去り、そして、今度はグレッグ・レイクが逝去!

グレッグ・レイクが逝去。享年69歳。音楽界から追悼の声 「nme-jp」より

グレッグ・レイクは、長い間癌と戦っていたようですね。
https://twitter.com/GregLakeWebsite/status/806815994178105344

しかし69歳です。
私とほとんど変わらない年齢です。寂しいですね。

平野啓一郎さんのツイートです。
https://twitter.com/hiranok/status/806883813833850882

「EPITAPH」!

この曲ばかり聴いていた時期がありますねえ。
ヴォーカリストとしても素敵なミュージシャンでした。合掌!

KING CRIMSON - EPITAPH (GREG LAKE VOCALS) BEST VERSION YouTubeより

posted by たくカジ!!日記 at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽