2017年03月21日

山崎ハコ 京都『都雅都雅』

京都 山崎ハコ・新アルバム発売記念 『私のうたLive』
2017年3月20日(月) ライブハウス都雅都雅
出演:山崎ハコ (vo/g)、 安田裕美(g)
music charge ¥5,000(前売り)+ドリンクチャージ\1,000
door open: 16:00
show start: 17:00

『湯豆腐とイノダ』
初めての京都遠征。ハコ友さんの北海道のSさんと豊橋のNさんがご一緒です。
もう3月ではありますが、京都だから先ずは湯豆腐でしょうということで、ホテルに荷物を預けて、タクシーを拾って木屋町の豆水楼へ。連休最終日ということで、観光客も多く道も混んでいます。タクシーの中から豆水楼に電話して予約をお願いしたのが良かったのでしょう。お店に到着してみると入り口に本日は予約で満席の文字が!タッチの差でセーフだったのかも!?

5808657694807.jpg

湯豆腐と湯葉を肴に2合徳利がたぶん5本ほど現れては消えたような・・・???

5808761590576.jpg  5808762272117.jpg

ほろ酔いでお店を後にした私達。 木屋町通三条上るにいるのですから、やはり三条だったら『イノダコーヒー』でしょうということで、イノダまでそぞろ歩きながら酔いを醒まし、コーヒーと小腹空いたのでミックスサンドを分け合って、3時過ぎと相成りました。4時開場なので、慌ててホテルに戻り、豊橋ライブのフライヤーを持って、ホテル前でタクシーを拾ったら、これがなんと先程豆水楼まで連れて行ってくれたタクシーだったのにはびっくりしました。ハコさんのライブだからやはり『縁』が関わってくるんですねえ・・。

『セットリスト』
相変わらず前置きばかりが長くなってごめんなさい。
この日のライブのセットリストです。大枠は『Goodstock Tokyo』ライブのセットリストに沿ったものでしたが、京都ライブでは必ず歌われる『きょうだい心中』が入っていることと、岡林信康さんの『チューリップのアップリケ』が入っていることが強調ポイントでしょう!

『チューリップのアップリケ』についてですが、突然ハコさんが『人の歌を歌ってみようコーナー』なんて言い出しての曲でした。ハコさんは昨年の暮れに岡林さんのコンサートに足を運んだのだそうですが、その時に訪れた楽屋での話を先ずはご披露。岡林さんがお互い長くやっているよねえと話してきて、ハコさんが『私もう還暦ですよ!』って言ったら。岡林さんが『えっ!そんな若いの。俺なんかもう70やん。』って答えた。なんて話なんですが、岡林さんのことを思い浮かべると、かなり笑えませんか!?

『チューリップのアップリケ』は、ハコさんが中学の時に一生懸命練習して、一回披露もしたことがあるそうですが、とにかくフォーク初級講座みたいだけどやってみますとのMCがあり、あのアルペジオが始まりました。岡林さんの曲だけど、ハコさんが歌ってもいい感じでした。とても心に刺さりました。

『きょうだい心中』については、歌の舞台が京都の西陣町ということもあり、必ず京都でのライブには歌うことになっているそうですね。ところで、セットリストではこの曲は『チューリップのアップリケ』のあとになっていますが、本当は『ひとり唄』の後に歌う予定になっていたそうです。たぶん、初披露に近い『チューリップのアップリケ』に気を取られるあまり、順番まで間違ってしまったのですね。相変わらずのハコさんですが、このあたりがほんとに可愛らしいと思います。

それから9曲目の『ヨコハマ』ですが、アレンジがちょっと変わっていました。前奏がなんかブルージーで、ハコともは『さすらい』の前奏を連想したそうですが、確かに『さすらい』で歌われるハコさんの故郷日田盆地に立ち込めていた怖いくらいの”霧の白さ”がヨコハマの運河に立ち込めているようでしたね。

 1.歌いたいの
 2.織江の唄
 3.ひとり唄
 4.チューリップのアップリケ
 5.きょうだい心中
 6.愛(りりィファーストアルバム『たまねぎ』より)
 7.ざんげの値打ちも無い
 8.横浜ホンキートンク・ブルース
 9.ヨコハマ
 10.ごめん・・・
 11.女は人魚
 12.歌ひとつ
 13.BEATLE
 14.縁
(アンコール)
 15.私のうた
 16.気分を変えて

あ、書き忘れましたが、ライブ会場の『ライブハウス都雅都雅』とても音響も良くて、来年もまた来ようと思わせてくれました。また、来年の3月にたぶん行われる京都ライブに参加するといたしましょう。もちろん、湯豆腐と湯葉はマストですし、帰りに西利のお漬物と551の豚まんもマストです。あ、京都観光忘れたみたい!

それから、京都でもう一人のハコ友さんのMさんと合流したのですが、Mさんが終演後のサイン会で『ヨコハマ』のイントロについてとてもかっこよかったとハコさんにお伝えしたら、隣にいた安田さんと一緒に「今夜のあれはアドリブです」と言われたとのこと。凄いですねえ!チャゼル見たか!イエイエ違う違う。アドリブなんだ!凄いなあ・・・。

もう一つそれから、Mさんとは終演後に他のハコ友さんとご一緒に打ち上げということで京都の街に繰り出しました。じっくりとハコさんと肴にお酒と料理を楽しめて、さらにさらに幸せな京都の夜となりました。Mさん、どうもありがとうございました。

posted by たくカジ!!日記 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年03月03日

Yoshio’s Memorial 原田芳雄追悼バースデーライブ

10907-1024x682.jpg Yoshio’s Memorial 原田芳雄追悼バースデーライブ
 2017年2月28日(火) 渋谷「JZ Brat Sound of Tokyo」 
 Show Time – Open 17:30 
 1st Start 19:00 2nd Start 20:30
 予約 ¥4,500 / 当日 ¥5,000(SOLD OUT!!)

Members :内海利勝(g)舘石逸見(b)恩田直幸(key)後藤雅夫(ds)
      早坂紗知(sax)松葉美保(chorus,vo)大戸恵美(chorus,vo)
Guest  : 佐藤浩市、江口洋介、原田喧太(g,vo)原田由佳(chorus,vo)
      山崎ハコ(vo)倉橋ルイ子(vo)

『原田芳雄さん』
原田芳雄さんは昭和15年2月29日生まれです。残念ながら、2011年7月19日に上行結腸がんによる肺炎のために亡くなられましたが、生きていれば今年77歳。ただ、うるう日生まれなので、誕生日が4年に1回しか訪れないため、昨年の『原田芳雄 19×4th バースデーライブ 風来去〜そろそろ芳雄の唄がききたい〜』『19×4th』はまだ19歳なんだよとの意味になっています。

芳雄さんが亡くなったその翌年から始まった追悼ライブ。今回で5回を数えます。
私は、俳優としての芳雄さんの大ファンでありましたが、とても残念なことに歌っていたことは知っていましたが、芳雄さんのライブを聞いたことはありませんでした。それが何故この追悼ライブに参加することになったのか?それは『YOSHIO's MEMORIAL 原田芳雄メモリアルLIVE』に山崎ハコさんがゲストと参加されることを知ったから。

その時参加した『YOSHIO's MEMORIAL』は第3回目の追悼ライブでした。
そしてブログに書きましたように、原田さんのバックバンドであった「flower top」がサイコーのバンドであることを知ったのです。『重くも無く軽くも無く、ちょうど良いこれだよなあって思わせるドライブ感!』で歌い手を支えつつ、メンバーそれぞれがさり気なく自分を主張してくる。ライブを聞いている間ずっとご機嫌でした。最高でした!

そんなバンドとゲストの皆さんのライブをまた聴くことができる。素晴らしい夜の始まりです。

『JZ Brat』
会場Openの17:30より少しだけ早めに会場である『渋谷JZ Brat』に到着。
すでにハコともの皆さんも何人か集まっていました。

5712302476896.jpg 5712302625263.jpg

中はこんな感じで、とてもシックでちょっと高級そうな雰囲気。

5712302698730.jpg

『一体感』
今回も、ライブ最高でした。追悼ライブに集った原田芳雄さんのバックバンドである FlowerTop のメンバーの皆さん、そしてゲスト出演した歌手の皆さんと聴衆の皆さん、みんなが原田芳雄さんを慕い、在りし日の姿・歌声を偲び、唄を捧げている。だからこそ生まれるこの一体感なのだと思いますし、是が非でも聞きに行きたいと思わせてくれるのだと思います。

では、この日のセットリストです。

【第1部】
1.花園アンモナイト     Vo.松葉美保さん ※バックはすべて FlowerTop
2.ファンキーベイビー    Vo.広田由佳さん
3.腕            Vo.倉橋ルイ子さん
4.愛の賛歌         Vo.倉橋ルイ子さん
5.Lazy Lady Blues      Vo.原田喧太さん
6.Many Rivers To Cross  Vo.原田喧太さん
7.ロックンロールナンバー  Vo.原田喧太さん ※曲名はわかりませんでした。
8.Welcome AIDS      Vo.山崎ハコさん
9.Color me right      Vo.山崎ハコさん
10.青い影          Vo.山崎ハコさん

【第2部】
1.マッカーサーのサングラス Vo.江口洋介
1.Only My Song      Vo.江口洋介
2.Don’t Worry       Vo.江口洋介
3.朝日のあたる家      Vo.佐藤浩市 
4.ブルースで死にな     Vo.佐藤浩市     
5.Don’t you feel lonely?  Vo.佐藤浩市
6.曲目不明         Vo.原田喧太さん ※曲名はわかりませんでした。
7.曲目不明         Vo.原田喧太さん ※曲名はわかりませんでした。
8.横浜ホンキートンクブルース 全員での唄と演奏
9.生きてるうちが花なんだぜ  全員での唄と演奏

コアな芳雄さんのファンの皆さんには怒られそうですが、原田喧太さんの歌った3曲の曲名がわかりませんでした。お恥ずかしい限りです。でも、曲名はわかりませんでしたが、とびっきり素敵な演奏と歌だったです!

『ハコさん』
ハコさんの3曲ですが、初めて歌ったのは2曲めの『Color me right』でしたね。ご機嫌なスローテンポのロックバラードで、ハコさんもバンドもノリノリでした。3曲めの『青い影』は一昨年も歌ってましたが、芳雄さんが歌っていたときのアレンジもそのままでキーも芳雄さんのキーで歌っているそうです。

ハコさん曰く、
『芳雄さんと同じキーで歌うと女の私には低いのですが、私にとって歌うという行為は空中の道をたどるようなものなので、芳雄さんと同じキーで歌うことは芳雄さんが辿った道を自分も辿っていけるように思うのです。だから低くても、芳雄さんが辿った道を同じようにずぅ〜っと辿って、芳雄さんが表現したかった”青い影”を自分なりに歌ってみたい。』

ハコさん、最近のライブで”空中の道”の話をよくされます。歌うことは、空中に伸びた一本の道をたどることなんだと。きっと、歌いながら、芳雄さんのことを感じているのでしょう。絶唱でした。

芳雄さん、この日で19歳と3ヶ月の年齢となりました。
20歳を迎えるのは2020年。来年も楽しみにしています。

posted by たくカジ!!日記 at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年02月26日

航空便リアルタイム追跡

『卒業旅行』
子供が卒業旅行に出かけました。最近は『出世払い』という方法があるようで、イギリス・フランス・イタリアを股にかけての2週間弱の卒業旅行です。
それにしても、
●支払い月までの手数料はH.I.S.が負担!
●お支払いは最大7ヵ月後でOK!
 って、よおおく考えたものですねえ!
さすがH.I.S.だなって思います。

ちょっと話が最初から横道ですが、ブログの本筋は『航空便リアルタイム追跡』でした。
これは「flightaware.com」がやっているサービスのようです。
https://ja.flightaware.com/live/

『出世払い』の旅行ですから、ロンドン直行便の利用は当然ながらありえなくて、アブダビ経由のエティハド航空というキャリアを利用します。会社をリタイヤして2年も経ちますし、海外とはとんと縁のない生活ですので、エティハド航空という名前に全く馴染みがなく、ちょっとネットで調べてみようと思い、便名でぐぐってみたら、このサービスが出てきました。

最初に画面を見たときは、

成田アブダビ.png

『ああ、空路を表示してくれるんだ!』という感想でしたが、これがこれが、誠に素晴らしい!
リアルタイムで飛行機の現在位置を教えてくれるのです。

https://ja.flightaware.com/live/flight/ETD871

NRT TOKYO, JAPAN
ゲート35から出発済み
成田国際空港 - NRT


なんて情報だけでも嬉しいのに、飛行機の今どこを飛んでいるかがリアルタイムにわかる!
ただただ単純にすげえなあと思えた次第です。
この気持ち通じるのかどうか、よくはわかりませんが、メモ代わりにアップします。

タグ:flightaware
posted by たくカジ!!日記 at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑記

2017年01月24日

茶飲み話

『茶縁』
折にふれて中国茶を通して知り合ったお友達と集まっています。
でも、そんなに頻繁でもありません。前回みんなが集まったのは4年前!

http://takukajinichijo.sblo.jp/article/128022671.html

その時と同様に新年会としての集い、集まった場所も同じ渋谷の「華泰茶荘」さん。
同じような写真になってしまいますが、テーブルはこんな感じでした。

IMG_2132.JPG

やはり点心をたのんで・・・・。

IMG_2129.JPG

お互いの近況報告なんかもあって、話題は、ドナルド・トランプへ!
彼が潔癖症というか黴菌恐怖症なんだと教えてもらったり、トランプ後の世界を推測してみたり。

そういえばみんなと一緒に中国茶のことを一生懸命勉強していたんだよなあ。
香港に行ったり、台湾に行ったり・・・・。

香港お茶の旅 「たくカジ!!の日常雑記」より
台北お茶の旅 「たくカジ!!の日常雑記」より

楽しい時間がすぎるのはあっという間。また今度です。

posted by たくカジ!!日記 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2017年01月18日

文学賞メッタ斬り!スペシャル(予想編)

『文学賞メッタ斬り!』
2015年1月の152回芥川賞直木賞まで追っかけていた『文学賞メッタ斬り!スペシャル』
しばらくブログへのエントリーではご無沙汰しておりましたが、今回恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」を読んでしまったので、また復活(?)やはり豊崎由美さんは面白い!!

放送はすでにポッドキャストで公開されています。
http://media.jorf.co.jp/podcast/radio/metta156_yoso.mp3

『候補作品』
先ずは候補作品です。

■第156回芥川龍之介賞 候補作(掲載誌)
加藤秀行『キャピタル』(文學界12月号)
岸政彦『ビニール傘』(新潮9月号)
古川真人『縫わんばならん』(新潮11月号)
宮内悠介『カブールの園』(文學界10月号)
山下澄人『しんせかい』(新潮7月号)

■第156回直木三十五賞 候補作(出版社)
冲方丁『十二人の死にたい子どもたち』(文藝春秋)
恩田陸『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)
垣根涼介『室町無頼』(新潮社)
須賀しのぶ『また、桜の国で』(祥伝社)
森見登美彦『夜行』(小学館)

『予想』
■第156回芥川龍之介賞 予想
大森さんの予想
本命 受賞作なし
対抗 山下澄人『しんせかい』(新潮7月号)
大穴 宮内悠介『カブールの園』(文學界10月号)

豊崎さんの予想
本命 山下澄人『しんせかい』(新潮7月号)
対抗 宮内悠介『カブールの園』(文學界10月号)
大穴 古川真人『縫わんばならん』(新潮11月号)
※大森さんの受賞作なしに賛成だが、近年受賞作を出そうとしている
 流れを考えると、ずっと応援している山下さんが受賞して欲しい。

■第156回直木三十五賞 予測
大森さんの予想
恩田陸『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)
※この作品しかありえない。

豊崎さんの予想
恩田陸『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)
※この作品が取らなかったびっくりして天が落ちてくる。
 豊崎さんが地団駄を踏んで選考委員の家を破壊する。

『ニコ動』
恒例のニコ動による生中継、今回もあります。2017/01/19(木) 開場:17:50 開演:18:00
第156回 芥川賞・直木賞発表&受賞者記者会見 生放送
選考結果発表の瞬間も中継!
http://live.nicovideo.jp/watch/lv284973751

出演:【ニコ生ブンガク解説委員ZZ】
井上 トシユキ(司会・ジャーナリスト)
栗原裕一郎(評論家)
ペリー荻野(コラムニスト)

posted by たくカジ!!日記 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) |