2017年11月05日

2017中国杯

『女子シングル』
樋口新葉・三原舞依・本田真凜、若手三人が登場するというので録画中継(!!)を見ました。スケオタの皆さんは多分ネット中継を見ておられるのだと思うのだけど、ツイッターで生中継をしてくれたので、スポナビの速報と一緒に途中経過を追うことが出来ました。

結果は、
https://live-sports.yahoo.co.jp/live/sports/figureskate_all/8187
ISU GP Audi Cup of China 2017 LADIES FREE SKATING JUDGES DETAILS PER SKATER

樋口新葉選手のスコア見事ですね。GOEもすべてプラス評価ですし、ザギトワ選手との差は手を上げてジャンプしていないことくらいかな?・・・んてことは冗談ですが、冒頭のダブルアクセルとトリプルのコンビネーションジャンプの質を上げれば簡単にザギトワ選手を上回るのは容易いように思います。課題は体をもう少し絞ることでしょうが、これはシーズンが深まっていけば大丈夫でしょう。

三原舞依選手も良い成績でしたが、樋口選手に比べると魅力に欠ける印象。本田選手もこれからの可能性を感じさせる演技でした。プログラムコンポーネントの数値が高く、技術点を上げていけば、表彰台に乗れるのも遠い将来では内容に思います。

しかし、男子シングルと比べると女子はこの時期でもうかなりプログラムが仕上がっています。やはり、ロシアや日本はまず自国の代表になる必要があるので、オリンピックへの出場権をかける争いが熾烈なのでしょうね。

『男子シングル』
これに比べると表彰台に乗るであろう中国のボーヤン選手そしてスペインのフェルナンデス選手の演技は本当にまだまだというか、照準をグランプリシリーズに全く合わせていないのだろうなあと思わせる出来でした。確かに、両選手ともオリンピックには間違いなく出ることができるポジションにいますので、徐々に調子を上げていけば良いと思っているのでしょうね。次のNHK杯には羽生選手が登場しますが、最後のスケートアメリカにはボーヤン選手とネイサン・チェン選手が出場予定。それぞれの選手のコンディション調整、興味深いところです。

posted by たくカジ!!日記 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート

2017年10月26日

遠藤賢司逝く

今月始めに開催された新宿フォークフェスにおいて斉藤哲夫さんが、今年になって加川良さん、リリイさん、そしてケメさんが相次いで亡くなったことに悼んでいましたけれど、またしても一人の偉大なシンガーを亡くすことになりました。

「ハフィントンポスト」の記事を引用します、
遠藤賢司、死す。 「カレーライス」「不滅の男」などで知られる魂のシンガー

さすがハフィントンポスト、『72年には三島由紀夫の割腹自殺について歌った「カレーライス」』と紹介し、「livedoor」の記事とはレベルの違いを感じます。私が大学生の頃、最初に彼の歌を聴いたときは、確かニール・ヤングが大好きだと言っていたように記憶していますが、もともとはドノヴァンやディランを聴いていて、ニール・ヤングを知ったのは松本隆に紹介されたLPだったことを最近のインタビュー記事で知りました。

ネットを調べていたらこんな動画もありました。
遠藤賢司 VS 坂崎幸之助&山崎ハコ 寝図美よこれが太平洋だ

ハコさん、デビューしてすぐに遠藤賢司さんとジョイントなんかしているんですよね。だから付き合いが長い。きっと悲しんでいると思います。70歳!まだ若いよね!


posted by たくカジ!!日記 at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年10月11日

シャインマスカットサンド

『ロケットニュース』
ローソンの新商品「シャインマスカットサンド」に売り切れ続出の予感!
マスカット&ヨーグルトの組み合わせが爽やかすぎーッ!!


くだらない情報の宝庫『ロケットニュース』の記事が気になり、早速購入。
1軒目のローソンではなくて、もう1軒チャレンジしてようやく見つけました。

6823517338572.jpg

記事の通りですね。早速食べてみました。

6823517349020.jpg

予想のレベルが高すぎてちょっと・・・、でしたが350円ですからこれはこれで・・・。
大好きなメルヘンのフルーツサンドと比較してはいけないよねえ。近くのローソンで買えるのだから・・・。ってあまり褒めてないかなあ。ごめんなさいローソンさん。

posted by たくカジ!!日記 at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑記

2017年10月09日

栗ご飯

先週の朝イチで栗ご飯の作り方をやっていました。
鶏だけ炊き込む くりごはん 『朝イチ』ホームページより

早速やってみようと近くの八百屋さんに行ってみたのですが、まだ栗が高くて二の足・・・。
でも、今朝栗一山が380円とお手頃価格になっていましたので、チャレンジしてみました。

『栗の処理』
レシピでは栗10〜15個を使うとありますが、たくさんあるので20個使いました。45分湯がいて、ザルに上げて粗熱を取ります。

6815957394167.jpg

鶏もも肉とありますが、安い胸肉で代用。角切りしました。なんか色が悪く写ってます。

6815957372114.jpg

2合のお米(我が家は無洗米)に目盛りまで水を注いで、1時間ほど放置。
時間が経過したので、塩と昆布を入れて、鶏の角切りを載せて炊飯!

6815957362071.jpg

炊飯の間に茹で上がった栗を半分に切って、スプーンで実を取り出します。

6815957345146.jpg 6815957317134.jpg

炊き上がったので栗を混ぜました。出来上がりです!簡単でした。

6816474069669.jpg

昆布と塩だけなので、まあ上品な味でした。

posted by たくカジ!!日記 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑記

2017年10月08日

新宿フォークソングが流れる街

『フォークフェス』
「新宿フォークソングが流れる街〜新宿には今日もフォークソングが流れている〜」に行ってまいりました。今年で3回目の開催ですが、参加したのは初めて。司会のなぎら健壱さんは江東区の江東フォークフェスティバルの司会も担当されていて、そちらの方は参加していたのですが、残念ながら江東区の予算の都合なのでしょうか!?今後は不開催の方向だそうですので、こういうオムニバス形式の都心でのフォークコンサートは新宿のみの開催ととなってしまったようです。

さて、コンサートの出演者の人選を担当するなぎらさんなのですが、『なにせ皆さんご高齢(?)なので病気だからと断れたりで人集めがたいへんなんです。』なんてトークでコンサートが始まるほど苦労があるようです。でもしかし、出演者だけでなく集まったお客さんの年齢構成も御同様なのです。NHKBSで時々放送されているのフォーク番組でよく目にする風景が客席には広がっています。出演者と観客どちらが先にくたばるのか?てんて軽口はなぎらさんのものだったかうろ覚えだけど、そんな軽口なんか気にしない気にしない、こちとらフォークなんて得体のしれないものを40年の時が経過しても聴き続けているおめでたい年寄りなんだから。

6809855111382.jpg

『新宿文化センター』
この会場には、毎年『沖縄音楽フェスティバル』でやってくるんだけれど、これからはこの『フォークフェス』でも訪れることになるかもですが、まずは出演のミュージシャンの紹介です。

コンサートは2部に分かれていて、第1部の出演は、大ヒット曲『東京』で有名なマイ・ペース、次に私にとっては『悩み多き者よ』の斉藤哲夫さん、それから元古井戸の加奈崎芳太郎さん、最後に高田漣さんでした。しばしの休憩があり、第2部は、山崎ハコさん、なぎら健壱さん、そして最後がビリーバンバンでした。

『斉藤哲夫』
去年の9月に「斉藤哲夫プレゼンツライブ2016 『僕が本当にしたいことは、君と友達になることなんだ』 byボブ・ディラン」という長ったらしいコンサートをプロデュースしていた斉藤哲夫さん。そのときに出演した加川良さんが、12月にしばらく入院して病気と戦ってきますとのメールが来て、4ヶ月後に亡くなってしまったことを悼み、リリイさんが亡くなったこと、ケメが亡くなったことを悼んで、歌が始まりました。主演順の紹介のところで『私にとっては『悩み多き者よ』の斉藤哲夫さん』と書いてしまいましたが、『グッド・タイム・ミュージック』なんてライトな歌も嫌いじゃない。哲夫さんも楽しそうでした。

『加奈崎芳太郎』
そして加奈崎芳太郎さんです。古井戸が大好きでしたので、加奈崎芳太郎さんが舞台で出てくるだけで涙腺が緩んでいたのですが、なんと古井戸時代の曲を3曲!歌ってくれました。『花言葉』『らびん・すぷーんふる』『ポスターカラー』です。もう涙腺崩壊でした。それから1999年に発表したアルバムから『さらば東京』も歌ったのですがこの曲も凄かった。やはり天才なんだなあ。

『花言葉』と『ポスターカラー』と『さらば東京』がYouTubeにアップされてました。
『花言葉』ー加奈崎芳太郎 YouTubeより
『ポスターカラー』ー加奈崎芳太郎 YouTubeより
『さらば東京』ー加奈崎芳太郎 YouTubeより

古井戸のデビューは1971年、なので私は21歳です。20歳も過ぎてなに聴いてんだって言われそうだけど、この過剰なセンチメンタリズムに当時の私は溺れました。Chaboこと仲井戸麗市のギターと加奈崎芳太郎のヴォーカル。懐メロなんて思っている私も、ディランUと古井戸はどうしても時々聴きたくなる。その歌がまさに青春そのものだからなんでしょう。一昨年Chaboのデビュー45周年記念ライブがあって加奈崎が共演したのですが、残念ながらチケットが手に入りませんでした。あれは返す返すも悔しい出来事でした。

『山崎ハコ』
それからハコさんですね!第T部のトリではなかったので、たぶん第2部の最初に登場するだろうと予想していたのですが、予想通り幕が上がるとハコさんと安田さんが座っていました。ハコさんが歌ったのは『織江の唄』『BEATLE』『縁』『気分を変えて』の四曲でした。『BEATLE』は新宿でのコンサートなので都会を歌った歌ということで選曲したとのこと。

先月末の馬車道パラダイス・カフェライブでも絶好調のハコさんでしたが、この日も圧倒的な声量で会場を支配してみせました。安田さんのギターも最高でした。一つだけ残念だったのは『気分を変えて』で手拍子をする人が少なかったこと。パラダイスカフェではあんなに盛り上がったのに・・・なんて思ってとても残念な気分。ハコ友もっと結集しないとですね!

一つプチ情報を!この日なぎらさんが出演者全員にやってみたい楽器について聞いていたのです、ハコさんがやってみたいのはピアノだそうです。ピアノもクラシックも勉強したいのだそうです。ハコさん、貪欲です。

『蛇足』
ビリー・バンバン、生で初めて聴きました。『白いブランコ』の大ヒットのあと、デュオを解散して、また再結成したけれど、兄弟仲が悪いのだと風のうわさでしたが、昨年5月に弟の進さんが大腸がんの手術、さらに7月に兄の孝さんが脳出血を患いました。それが兄弟をあらためて強く結びつけたのでしょう。ステージでの兄の孝さん、リハビリのあるのでしょう、とにかく喋りすぎるのですが、それをやさしくフォローする弟さんの姿が印象的でした。

この日披露したのは『白いブランコ』『さよならをするために』『また君に恋してる』『さよなら涙』の四曲。いずれも大ヒット曲です。四曲なかで『さよならをするために』が特に好きな歌なのですが、この曲は弟さんの作曲ではなく、作曲は坂田晃一で作詞はあの石坂浩二さんです。
『さよならをするために』の歌詞:http://www.kasi-time.com/item-16379.html

「♪あの日知らない人が今はそばに眠る・・・・♪」
先日終わったテレビドラマ『やすらぎの里』での石坂さん、元恋人と元奥さんに囲まれての演技でしたが、『さよならをするために』という歌を通して彼が何を言いたかったか?なかなか味わい深い歌なのですよね。


posted by たくカジ!!日記 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽