2017年10月08日

新宿フォークソングが流れる街

『フォークフェス』
「新宿フォークソングが流れる街〜新宿には今日もフォークソングが流れている〜」に行ってまいりました。今年で3回目の開催ですが、参加したのは初めて。司会のなぎら健壱さんは江東区の江東フォークフェスティバルの司会も担当されていて、そちらの方は参加していたのですが、残念ながら江東区の予算の都合なのでしょうか!?今後は不開催の方向だそうですので、こういうオムニバス形式の都心でのフォークコンサートは新宿のみの開催ととなってしまったようです。

さて、コンサートの出演者の人選を担当するなぎらさんなのですが、『なにせ皆さんご高齢(?)なので病気だからと断れたりで人集めがたいへんなんです。』なんてトークでコンサートが始まるほど苦労があるようです。でもしかし、出演者だけでなく集まったお客さんの年齢構成も御同様なのです。NHKBSで時々放送されているのフォーク番組でよく目にする風景が客席には広がっています。出演者と観客どちらが先にくたばるのか?てんて軽口はなぎらさんのものだったかうろ覚えだけど、そんな軽口なんか気にしない気にしない、こちとらフォークなんて得体のしれないものを40年の時が経過しても聴き続けているおめでたい年寄りなんだから。

6809855111382.jpg

『新宿文化センター』
この会場には、毎年『沖縄音楽フェスティバル』でやってくるんだけれど、これからはこの『フォークフェス』でも訪れることになるかもですが、まずは出演のミュージシャンの紹介です。

コンサートは2部に分かれていて、第1部の出演は、大ヒット曲『東京』で有名なマイ・ペース、次に私にとっては『悩み多き者よ』の斉藤哲夫さん、それから元古井戸の加奈崎芳太郎さん、最後に高田漣さんでした。しばしの休憩があり、第2部は、山崎ハコさん、なぎら健壱さん、そして最後がビリーバンバンでした。

『斉藤哲夫』
去年の9月に「斉藤哲夫プレゼンツライブ2016 『僕が本当にしたいことは、君と友達になることなんだ』 byボブ・ディラン」という長ったらしいコンサートをプロデュースしていた斉藤哲夫さん。そのときに出演した加川良さんが、12月にしばらく入院して病気と戦ってきますとのメールが来て、4ヶ月後に亡くなってしまったことを悼み、リリイさんが亡くなったこと、ケメが亡くなったことを悼んで、歌が始まりました。主演順の紹介のところで『私にとっては『悩み多き者よ』の斉藤哲夫さん』と書いてしまいましたが、『グッド・タイム・ミュージック』なんてライトな歌も嫌いじゃない。哲夫さんも楽しそうでした。

『加奈崎芳太郎』
そして加奈崎芳太郎さんです。古井戸が大好きでしたので、加奈崎芳太郎さんが舞台で出てくるだけで涙腺が緩んでいたのですが、なんと古井戸時代の曲を3曲!歌ってくれました。『花言葉』『らびん・すぷーんふる』『ポスターカラー』です。もう涙腺崩壊でした。それから1999年に発表したアルバムから『さらば東京』も歌ったのですがこの曲も凄かった。やはり天才なんだなあ。

『花言葉』と『ポスターカラー』と『さらば東京』がYouTubeにアップされてました。
『花言葉』ー加奈崎芳太郎 YouTubeより
『ポスターカラー』ー加奈崎芳太郎 YouTubeより
『さらば東京』ー加奈崎芳太郎 YouTubeより

古井戸のデビューは1971年、なので私は21歳です。20歳も過ぎてなに聴いてんだって言われそうだけど、この過剰なセンチメンタリズムに当時の私は溺れました。Chaboこと仲井戸麗市のギターと加奈崎芳太郎のヴォーカル。懐メロなんて思っている私も、ディランUと古井戸はどうしても時々聴きたくなる。その歌がまさに青春そのものだからなんでしょう。一昨年Chaboのデビュー45周年記念ライブがあって加奈崎が共演したのですが、残念ながらチケットが手に入りませんでした。あれは返す返すも悔しい出来事でした。

『山崎ハコ』
それからハコさんですね!第T部のトリではなかったので、たぶん第2部の最初に登場するだろうと予想していたのですが、予想通り幕が上がるとハコさんと安田さんが座っていました。ハコさんが歌ったのは『織江の唄』『BEATLE』『縁』『気分を変えて』の四曲でした。『BEATLE』は新宿でのコンサートなので都会を歌った歌ということで選曲したとのこと。

先月末の馬車道パラダイス・カフェライブでも絶好調のハコさんでしたが、この日も圧倒的な声量で会場を支配してみせました。安田さんのギターも最高でした。一つだけ残念だったのは『気分を変えて』で手拍子をする人が少なかったこと。パラダイスカフェではあんなに盛り上がったのに・・・なんて思ってとても残念な気分。ハコ友もっと結集しないとですね!

一つプチ情報を!この日なぎらさんが出演者全員にやってみたい楽器について聞いていたのです、ハコさんがやってみたいのはピアノだそうです。ピアノもクラシックも勉強したいのだそうです。ハコさん、貪欲です。

『蛇足』
ビリー・バンバン、生で初めて聴きました。『白いブランコ』の大ヒットのあと、デュオを解散して、また再結成したけれど、兄弟仲が悪いのだと風のうわさでしたが、昨年5月に弟の進さんが大腸がんの手術、さらに7月に兄の孝さんが脳出血を患いました。それが兄弟をあらためて強く結びつけたのでしょう。ステージでの兄の孝さん、リハビリのあるのでしょう、とにかく喋りすぎるのですが、それをやさしくフォローする弟さんの姿が印象的でした。

この日披露したのは『白いブランコ』『さよならをするために』『また君に恋してる』『さよなら涙』の四曲。いずれも大ヒット曲です。四曲なかで『さよならをするために』が特に好きな歌なのですが、この曲は弟さんの作曲ではなく、作曲は坂田晃一で作詞はあの石坂浩二さんです。
『さよならをするために』の歌詞:http://www.kasi-time.com/item-16379.html

「♪あの日知らない人が今はそばに眠る・・・・♪」
先日終わったテレビドラマ『やすらぎの里』での石坂さん、元恋人と元奥さんに囲まれての演技でしたが、『さよならをするために』という歌を通して彼が何を言いたかったか?なかなか味わい深い歌なのですよね。


posted by たくカジ!!日記 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年10月06日

山崎ハコ パラダイスカフェ ライブ

横浜 山崎ハコ 祝・デビュー43年 今夜「パラダイスカフェ」デビュー!
2017年9月30日(土) パラダイス・カフェ
山崎ハコ(Vo,G)・安田裕美(G)
music charge ¥5,000
door open: 18:00
show start: 19:00

『パラダイス・カフェ』
公式的には、ファーストアルバム『飛・び・ま・す』が発売された1975年10月1日がハコさんのデビュー日ですが、その数日前の9月26日に横浜でコンサートがあり、その会場でアルバムがフライングで発売されたとの秘話(笑??)をライブの冒頭で披露したハコさん。なので、すでにデビュー43年を過ぎているんですね。

そんなハコさん、今夜のライブ会場は、横浜!馬車道!の「パラダイスカフェ」です。

6776173797764.jpg

「パラダイスカフェ」のステージです。
6776165404697.jpg  6776168092145.jpg

そしてこの日の席がなんと一番前で、これ以上は近づけないというようは至近距離。
チケットを手配してくれたハコ友のNさん、本当にありがとうございました。

『セットリスト』
当日のセットリストをまず書いておきますね。

(第1部)
 1.織江の唄
 2.ヨコハマ
 3.小さな海
 4.港OUT
 5.ヘルプ・ミー
 6.ララバイ横須賀
(第2部)
 7.横浜ホンキートンクブルース
 8.女は人魚
 9.ざんげの値打ちもない
 10.鳥に帰る
 11.ごめん・・・
 12.歌ひとつ
 13.縁
(アンコール)
 14.サヨナラの鐘
 15.気分を変えて

1.織江の唄
席数70席のライブハウスですが、カウンター席もすべて埋まっての超満員。8月の「Goodstock Tokyo」ライブを病欠した安田さんが戻ってくるとの期待それからお酒の力もあるのかな?会場は最初から温まっていて、ハコさんを割れんばかりの歓声で出迎えました。歓声にちょっと気圧されたハコさん、いつものように緊張すると言いながら、自らの最大のヒット曲とのMCのあと「織江の唄」が始まりました。緊張からか手がガッチガチでちょっとミスタッチも目立ちましたが、唄が始まればもうハコさんの世界、引き込まれます。

2.ヨコハマ
※毎回テーマに合わせた選曲をするハコさん。前のライブでは真夏にちなんだ唄が歌われましたが、今回は横浜にちなんだ唄が選曲されました。その1曲目です。

3.小さな海
※歌い終わってすぐに次の曲が始まりました。ギターの前奏に続いてハミング、♪一人で街に出て人に紛れながら・・・で歌詞が続きません。どうしたんだろうと思っていると、もう一度歌い始めました。緊張がまだ続いているのか・・・。それにしても、久しぶりに「小さな海」を聞きましたが本当にいい唄ですねえ。

4.港OUT
※もう埋め立てられた横浜の川を小さな海と見立てた唄が終わり、昔の横浜のことを話し始めるハコさん。盆栽市や野毛のがらくた市をよく見に行っていたなんてこと。でも話を続けた本意は次の曲への心の準備でした。前半のステージの山場なんだと。港の港内信号の説明のあと、『歌えるやろか?』と言いながら曲は始まりました。激しくギターをかき鳴らしながらロックなハコさん、しびれました。でも歌い終わって『ギターが下手じゃ!』とハコさん。

5.ヘルプ・ミー
※山場を切り抜けた?ハコさん、次に選んだ曲はドイツで大流行?のこの歌です。
http://takukajinichijo.sblo.jp/article/179634734.html

6.ララバイ横須賀
※第1部最後の曲も横浜つながりでした。この曲を生で聴くのは初めてです。曲前のMCで、ハコさんが西日本新聞に連載予定のエッセイ(50回の連載だそうです)の挿絵を黒田征太郎にお願いしてOKを貰ったお話を披露。西日本新聞のホームページを見てみると、
連載のページが!https://www.nishinippon.co.jp/feature/serialization/
ひょっとするとネットでも読めるかも・・・???

7.横浜ホンキートンクブルース
※第2部が始まりました。ハコさん情報では10kg痩せたはずの安田さんも登場!でも、外見からはその変化が感じられないのが悲しい!!フェイクニュースか!?(笑)病み上がりと言っても、15日の「なぎら健壱のフォーク夜話」でも元気に伴奏されていましたので全く心配はしていませんでしたが、この日の最初からフルスロットル!やはり安田さんが加わるとさらにハコさんの唄も力強くなります。

8.女は人魚
※ブルージーな曲に続いては寺山修司です。この曲好きだなあ!!最高です!!歌い終わって、自分の歌(声)は鋭いので人を突き刺してしまうけれど、安田さんのギターが入るとその音色がスクリーンのように働いて声のきつさをくるみ・和らげてくれていると思うとのMC。確かに、ハコさんが声を張り上げなくても、安田さんのギターがカバーしてくれているように私も思っていました。ベストパートナーです!
  
9.ざんげの値打ちもない
※来月開催の「阿久悠 リスペクトコンサート」について触れたハコさん。8月の金子マリさんのライブでCharと一緒して、デビュー曲「気絶するほど悩ましい」が阿久悠さんの作詞なので、このコンサートにでるそうです。しかし、ハコさんはざんげは歌っていますが、ご本家の北原ミレイさんが出演するのでお呼び無し!ミレイさんのレコードでは歌われなかった四番を歌ってほしいとハコさん・・・。

10.鳥に帰る
※次の曲はこの曲、ギターを置いて、目を閉じて、両手を鳥のように広げて歌うハコさん。パンフルートの音色にハコさんの伸びやかな声が合わさり、空高く羽ばたきます。

11.ごめん・・・
12.歌ひとつ
13.縁
※最新アルバムから「ごめん・・・」と「歌ひとつ」の2曲。それから山形3部作というかすべての始まりだったアルバム「縁」からタイトルチューン。いつもうたわれる曲たちだけど本当に良い曲たちです。

「歌ひとつ」と「縁」の合間のMCで演歌を作った話と歌の一部を披露したハコさん。誰の歌を作ったのかは詳らかにしませんでしたが、キーワードは「4畳半」だそうです。

さらに安田さんの話題に戻って看病にまつわるお話があり、さらにデビュー当時からキーを下げずに歌い続けていることへの感謝があり、安田さんが「ゼンマイじかけのカブト虫」を弾いて、ハコさんが歌う流れがあり、そして「縁」でした。
  
14.サヨナラの鐘
※アンコールで「山崎ハコ 新・見守る会」の主催者からお人形のプレゼント!激似!
  
22089028_953874631417864_8933738146438318315_n.jpg

ハコさんからリクエストは?との声で、会場から「サヨナラの鐘」のリクエストが。ハコさんは『長いなあ・・』とのつぶやきがあったけれど、意を決して歌い始めました。最初の伴奏をつけた安田さん、ここで譜面台の本をめくって・めくって。めくって・・譜面を探すのですが見つかりません。で、安田さんも意を決して思うように弾きはじめました。ちょっと元のアレンジとは違っているけれど、名曲はどんなアレンジでも名曲、素晴らしい演奏に酔いしれました、すごいものを聞かせてもらいました。ハコさんと安田さん、二人そろうと無双です!

15.気分を変えて
※最後はもちろんこの曲です。久しぶりに歌が始まる前に手拍子!それだけ今日のライブは盛り上がったということなのでしょう。みんなで手拍子をしながら大合唱して、そして恒例のエアタッチをしてライブは終了となりました。

『終わりに』
大盛り上がりのうちに終わったデビュー43年目の始まりを飾った『パラダイス・カフェ・ライブ』でした。それから、ライブの中で、来年は新しいアルバムの制作に取り掛かりたいとの嬉しい表明もありました。これから、「新宿フォークソングが流れる街〜新宿には今日もフォークソングが流れている〜」、そして北海道ツアーと追っかけることになりますが、年末大塚の『クリスマスライブ2017』まで楽しみたいと思っています。

 
posted by たくカジ!!日記 at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年09月08日

不倫報道にへきえき

能町みね子さんがこんな記事を紹介している。

https://twitter.com/nmcmnc/status/906023368775761920

ヤフーニュースに掲載されたコピーライターの境治さんの文章です。
私たちは「人の不倫をなじること」に侵されている〜テレビは何時間不倫を報じたか〜

境さんの文章を引用します。
『立派な経歴を持つニュースキャスターがこぞって「今井・橋本議員はやったかどうか」
を追及している。「やってないなんて通るんでしょうか」とベテランのキャスターや
ゲストの知識人が議論している。』


本当にその通りです!まったくもって嘆かわしいとしか言いようがない。
そりゃあそれぞれの連れ合いの方にとっては『やったかどうか』が問題かもしれない。
でも私にとってはそんなことどうでも良い!本当にどうでも良いことなのです。
たかが浮気でしょ。もしくは恋に落ちてしまったのでしょ。そして何もないかもだし。

それを不倫不倫と大騒ぎ。
今朝は、どのチャンネル回しても騒ぎから逃れられないので教育テレビに逃げました

民進党新執行部のつまづきと北朝鮮が送り込んでくれる恐怖心。
案外総選挙は近いのかもです。

posted by たくカジ!!日記 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑記

2017年07月04日

コレギウム・カントールム・ヨコハマ定期演奏会

6329543264203.jpg コレギウム・カントールム・ヨコハマ第12回定期演奏会
 日時:2017年7月2日(日)
 開場13時30分 開演14時

 会場:上野学園 石橋メモリアルホール
 音楽監督・常任指揮者 松下耕
 常任指揮者 蟹江春香
 合唱 コレギウム・カントールム・ヨコハマ
 ※コレギウム・カントールム・ヨコハマ(CCY)
  公式ホームページ  公式ツイッター 

『演奏曲目』
1.コダーイ・ゾルタンの遺言4 指揮:松下耕
 (1)聖イシュトヴァーン王への賛歌
 (2)孔雀は飛んだ
 (3)ノルウェーの娘たち
 (4)マートラの風景
2.混声合唱のための『地球へのバラード』 指揮:蟹江春香
  詩:谷川俊太郎 作曲:三善晃
3.Missa secunda 指揮:松下耕 オルガン:新山恵理
  作曲:松下耕 

『空前絶後の・・・』
耕友会傘下の合唱団に入っている友人から、耕友会の中でこの数年ぐんぐんうまくなっている合唱団なのだとお勧めがあり、CCY定期演奏会に来てみました。友人が勧めるものは、映画であれ、コンサートであれ、飲み会であれ(?)、とにかく万障繰り合わせて参加することにしています。もちろん、たまには期待はずれのこともありますが、世の中、とにかく動いてみないとわからないことばかりですし、たまに大当たりがあるのが愉しい!

そして、久々に大当たりの演奏会に出くわしました!
まさに『空前絶後の・・・』合唱団でした。

最初のステージは、今年の耕友会全合唱団の共通プロジェクト「コダーイ没後50年記念ステージ」として、コダーイ作曲の合唱曲が4曲歌われました。最初は「聖イシュトヴァーン王への賛歌」でしたが、この最初の曲でこの合唱団の凄さを感じました。団員数は総勢30人程度なのですが、一人ひとりが粒ぞろいで、しかもパート毎にまとまっている。

コーラスハーモニーって、あわせると言うか寄り添うというか、どうしても相手の声に合わせて行きがちだけど、各パートそれぞれが自分を主張していて、しかも全体が統一されているっていうのが理想だと常々考えているのですが、その理想に近い合唱団がいたよ!って感じたのです。

ソプラノ、アルト、テナー、ベース、それぞれに素晴らしく、ピアニシモが美しくて、フォルテシモがこちらの想像の斜め上を行くほどの、とても抑制の効いたフルスロットル(?)な音量で迫ってくる(・・・しかもあまり悲鳴が混じっていない・・・・)。いやあ〜びっくりしました。

さて、コダーイステージの4曲目が「マトラの風景」でした。
この曲には思い入れがあります。学生時代(もう45年以上も前のことですが)に所属していた合唱団の定演でこの曲を演奏しました。客演指揮者に増田純平先生をお招きして、必死で練習を積み重ね、ステージも結構上手く歌えていたのですが、第4曲目でバリトンのソロが出だしの音を間違えたのです。

その時の「なにやってんだよ!」という思い、「どうすんだよ!」って思い、もう45年も経ったのに今でも鮮やかに蘇ってきます。そして、そのシーンで、増田先生が軽く口笛を吹いて鮮やかに音程の訂正を行ってみせたことも同時に思い出します。しかし、あんな素晴らしい曲をちゃんと歌いきれなかった、その後悔たるや・・・う〜〜〜〜ん・・・。

しかしですよ!その後悔を、CCYは見事に洗い流してくれました。
別に自分が歌った訳ぢゃないし・・・、なんでこんなに喜んでしまうのか訳がわからないのですが、誘ってくれた友人(一緒にそのステージに立っていたのです)と手を握り合って感動を分かち合いました。休憩時間に何やってんだか・・・。しかし、しかし、最後の音のハーモニーとダイナミクス素晴らしかったなあ!

驚きべきは、そのハーモニーとダイナミクスが最後のステージまでずっと続いたこと。
それから、みんな楽しそうに歌っていることも、とてもとても好ましい。
思ったのだけど、混声合唱団って、四声のレベルが揃うことって難しいですよねえ。
大体において、女声は素晴らしいけれど、男声が非力であったり、野卑(?)であったり。
しかし、CCYは男声もというか男声が(!)素晴らしい。テナーもベースも素晴らしい!
これ特筆しておきます。

それから忘れずに書いておきますが、続く第2ステージの混声合唱のための『地球へのバラード』。それから混声版委嘱初演だった第3ステージの『Missa secunda』。それぞれに堪能しました。楽しみました。

このステージ、CD化されないのかなあ??
是非買いたいなあ。と願いつつ、これからも彼らの演奏会に注目していきたいと思います。

posted by たくカジ!!日記 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年06月28日

山崎ハコ 『歐林洞』ライブ

湘南special LIVE 2017〜あじさい〜Vol.16 ハコと紫陽花vol.3
2017年6月24日(土) 歐林洞ギャラリーサロン
山崎ハコ (vo/g)、 安田裕美(g)
music charge ¥6,000
door open: 16:00
show start: 16:30

『歐林洞ギャラリーサロン』
「歐林洞ギャラリーサロン」に来るのは三回目になります。ここはギャラリーサロンですから、ライブ会場として使っていますが、ステージがあるわけでもなく、教室のような空間に演奏者用の椅子と譜面台を置いて、少しだけ距離を開けて客用の椅子がズラッと並べている。おまけに平坦ですので、椅子がたくさん並んでしまうと前の人の頭が邪魔でステージが見えにくい。つまりライブ会場としてはあまりふさわしい場所とは言えず、なるべく早い整理番号のチケットを入手して前の方で聴くほうが良いところなのです。ただ、この日は少々野暮用があり、前の席が確保出来ず!ちょっと残念な状況でライブは始まりました。

『セットリスト』
ではライブのセットリストです。

1.ヨコハマ
 ※最初からハコさんと安田さんが一緒にステージへ。そして始まったのがこの曲でした。
  この曲から始まるのは本当に珍しいことなので、ちょっとビックリでしたが・・・。

2.横浜ホンキートンクブルース
 ※つづけてさらにこの曲でさらにビックリ。歌い終わってのMCで、腱鞘炎が心配だった
  こともあり自分がギター弾かない曲を主体にセットリストを考えたとの説明がありました。
  もちろん最初の二曲では、ハコさんもギターを弾きましたが、安田さんが活躍するパートの
  多い楽曲ということで選択したのでしょうね。ただ、ハコさんからは腱鞘炎が心配だった
  けれど全く問題なく弾けたから大丈夫との説明もあり、一安心ではあります。

3.100万本のバラ
 ※最初のカラオケ曲(といって全て安田さんの打ち込みです)はこの曲!
  加藤登紀子さんが翻訳作詞された歌詞が原曲に忠実なんだけど、ピロスマニの人生について
  もう少し踏み込みたかったので創作の歌詞を考えて、山崎ハコの『100万本のバラ』として
  歌っているとのMCあり。詳細は【追記】をご覧になってください。

4.オー・イー・ファンテ 海の子供
 ※ポルトガルのファドですね。去年の豊橋ライブ以来で久しぶりに聴けました。
  ハコさんのファド、それから安田さんのギター絶品です。

5.昨夜の男
 ※五大路子さんが毎年上演されているお芝居『横浜ローザ』の挿入曲。
 『山崎ハコ 40周年バースデーライブ』で歌われて、五代さんのブログで以前から
  ハコさん歌っていたことを知った唄です。曲の長さ、曲の内容、その全てが正しい歌謡曲。

6.鳥に帰る
 ※つい1週間前の豊橋ライブでの絶唱を思い出しました。
  この日の「LALALALA〜」は少し内省的。でも本当に良い曲です。
  
7.ごめん・・・
 ※最新アルバム『私のうた』1曲目の『ごめん・・・』
  歌い終わって、おじさんから『ハコちゃん!』と声がかかる。ハイと答えるハコさん。
 
8.歌ひとつ
 ※この歌は自分の戒めになっているとハコさん。歌には全てが現れてしまう。
  だから、歌が汚れないように、覚悟を持って生きていくのだ・・・と。
  https://mojim.com/twy110852x9x9.htm
    
9.縁
 ※原田芳雄さんが亡くなられたことがきっかけで出来た歌だけど、この曲が出来て、
  アルバムが出来て、この歌を業界のみんなに聞いてもらいたくてアルバムを抱えて
  みんなに聞いて!聞いて!と頼んでいるうちに自分が変わり、強くなったと感じる。
  そんなMCがありました。ハコさんにとって大きなきっかけになった歌です。

10.私のうた
 ※歐林洞でのライブはこれで最後になるとのMCがあり、最後の歌は『私のうた』

  アンコール
1.この素晴らしき世界
 ※ルイ・アームストロングの名曲です。『この世界は捨てたもんじゃない・・・』
 
2.気分を変えて
 ※最後はやはりこの曲です。みんなで手拍子をして楽しんで、それからハコさんとの
  「エア・タッチ」でライブは終了しました。

続きを読む
タグ:山崎ハコ
posted by たくカジ!!日記 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽