2010年04月21日

本屋大賞

本屋大賞が冲方丁(うぶかた・とう)さんの「天地明察」(角川書店)に決まりました。冲方丁さんの名前は大森望さんが取り上げておられたので、かすかに覚えていましたが、本は読んだこと無し。早速ネットで注文しました。

内容は、「江戸、四代将軍家綱の御代。ある「プロジェクト」が立ちあがった。即ち、日本独自の太陰暦を作り上げること--日本文化を変えた大いなる計画を、個の成長物語としてみずみずしくも重厚に描く傑作時代小説!! 」とのこと。読むのが楽しみです。

ところで、この賞は、全国の書店員が一番売りたい本を選ぶ賞です。ノミネート作品には「1Q84」も含まれていましたが、

1位『天地明察』著/冲方丁 (角川書店)  384.5点
2位『神様のカルテ』著/夏川草介(小学館) 294点
3位『横道世之介』著/吉田修一 (毎日新聞社) 270点
4位『神去なあなあ日常』著/三浦しをん (徳間書店) 256点
5位『猫を抱いて象と泳ぐ』著/小川洋子 (文藝春秋) 237点
6位『ヘヴン』著/川上未映子 (講談社) 220点
7位『船に乗れ!』著/藤谷治 (ジャイブ) 209点
8位『植物図鑑』著/有川浩 (角川書店) 182.5点
9位『新参者』著/東野圭吾 (講談社) 130.5点
10位『1Q84』著/村上春樹 (新潮社) 91.5点

ということで見事に最下位。売りたいと思わなくても売れる本は「本屋大賞」にふさわしくないのですね。見事です。
posted by たくカジ!!日記 at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) |

2010年03月02日

ネットストアHON

ジュンク堂のネットショップ「アウルHON急便」が「ネットストアHON」としてリニューアルオープン。アマゾンだと在庫切れがよくあるが、ジュンク堂ではまだそんな経験が無い。それから、勝手に人の本の履歴を元に「こんな本はどう?」なんていう押し売り商売もない。ただただ、本屋さんであるのがある意味清々しい。開店祝いに「スギハラ・ダラー」を注文。
posted by たくカジ!!日記 at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) |

2010年02月18日

新宿鮫] 明日スタート

新宿鮫]「絆回廊」2月19日(金)連載開始

しばらく大沢在昌さんと糸井さんのインタビュー記事が掲載されていましたが、いよいよ明日から連載開始。インタビューによれば、出版社がほぼ日で連載をすることを決めたのが1年以上前のこと。2008年の暮れにインタビューがあり、連載開始を待っているからと言うお話があり、ようやく始まると言うことです。インタビューの中で、糸井さんが、「紙幅を割いているわけじゃないから、いつでもいいよ。」と大沢さんに言っているのですが、これってネットの良いところだね。
posted by たくカジ!!日記 at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) |

2010年02月01日

BRUTUS


yosimoto吉本隆明特集
本日発売 630円也
ほぼ日手帳欄外の抜き書きと、
今日のダーリンコラムみたいで面白い。




posted by たくカジ!!日記 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) |

2010年01月15日

老人賭博

芥川賞受賞作無しで池澤夏樹のコメント
「小説は書きたいという意欲から生まれるものだが、全体的にそれが感じられなかった」に対して、
松尾スズキがツイッターでコメント。
「本が売れないこのご時世にあえて紙媒体で勝負している俺たちに本気でそんなことを言ってるのか、と思いました。きれいごとなんじゃないか、とも。でも、負けないですよ。そういうことじゃない。俺は負けないです。」

泣けて来るではないか!
「老人賭博」読んでみよう!!
posted by たくカジ!!日記 at 00:16| Comment(2) | TrackBack(0) |