2015年03月30日

黒田投手 復帰戦

黒田投手の成績は、投球回数7.0 被安打5 被本塁打0 奪三振5 与四死球1 失点0 自責点0 球数96。7回で96球という球数も素晴らしいのですが、あいにく日本ではストライク率が発表されていないので(どこかに発表されているのかもしれませんが・・・)、どのような数値になるのかわかりませんが、きっとストライク率も70%を越えていると思います。

『記事一覧』
昨日のスポーツニュースでも黒田投手の復帰登板について、大きく報道されていましたが、古田さんの『ヤンキースのローテンションピッチャーが日本にやってきたわけだから、これくらいの投球は当たり前』とのコメントが気に入りました。黒田投手の男気とかカープ愛についての報道ばかりですが、メジャーを代表するピッチャーがプロ野球入りして、広島のブルペンに入ったと言う事ですから、「これくらいの投球は当たり前」。そんな風に報道して貰いたいものです。

黒田、2740日ぶり白星に「広島のマウンドは最高でした」  Full-countより
黒田 2740日ぶり白星 7回5安打零封!真っ赤に染まった地元で熱投96球 livedoor.comより
黒田「広島のマウンドは最高」2740日ぶり凱旋1勝 日刊スポーツより
広島・黒田が2740日ぶり登板 1200枚の手作りボードで「お帰りなさい」デイリースポーツより

アメリカでも報道されています。
Former Yankees, Dodgers pitcher Kuroda wins in Japan comeback foxsportsより

とにかく、1勝です。
これから勝ち星を積み上げていくでしょうが、打線の援護が少ないのは相変わらず。
評論家は15勝と勝ち星を予測していますが、私は18勝は大丈夫かなって思っています。
次の先発は中日戦になるのかな。ツーシーム、なかなか打てないでしょうね!

黒田、メジャーの経験詰まった1勝 対戦相手が明かした意外な印象とは Full-countより
黒田博樹、真の実力はベールに包んだまま
――縦の変化を封印し、横の変化で勝負に挑んだ圧巻の96球 ベースボールチャンネルより

『蛇足』
カープの試合がある日は残業なしに 広島労働局が提案 朝日新聞より

良いことです!
posted by たくカジ!!日記 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球

2014年10月24日

ドラフト会議2014

プロ野球:ドラフト会議2014 全指名選手球団別一覧 スポナビより

『2014ドラフト終了』
ドラフト会議が終わりました。今年は例年より小粒であると言われていましたので、あまり競合する選手も少なく、すんなりと決まった感がありました。1位指名選手の中では早稲田大学の有原航平投手が4球団競合で、抽選の結果日本ハム。さっそくスポーツ紙には、「佑ちゃんに弟子入り宣言」の言葉が踊っていますが、

有原はハム!佑ちゃんに弟子入り宣言「素晴らしい方、教えていただきたい」
さて?どちらが弟子となるか?1年後の結果が楽しみです。

『個人的な期待』
これまで、当ブログでは、
高橋光成投手 http://takukaji2.seesaa.net/article/388206331.html
松本裕樹投手 http://takukaji2.seesaa.net/article/402523942.html
立田将太投手 http://takukaji2.seesaa.net/article/402722507.html
について、取り上げました。

ドラフトの結果、
高橋光成投手は、西武ライオンズから1位指名。松本裕樹投手は、福岡ソフトバンクから1位指名。そしてなんと立田将太投手も、日本ハムファイターズから6位指名を受けました。立田投手については、最初に取り上げた「Wall Street Journal」が指名結果を報告していますね。
高校球児の異端児、立田投手の夢かなう―日ハムが6位指名

野手では、健大高崎の脇本直人外野手がロッテから7位指名、春江工業高校の栗原陵矢捕手が福岡ソフトバンクから2位指名を受けたこともとてもうれしく思っています。プロで活躍出来るかは、本人の努力と運次第。立田投手も6位指名だけど、若い投手がどんどん育っている日ハムだから期待大。これからも応援していこうと思っています。
posted by たくカジ!!日記 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球

2014年05月13日

関東カープ女子

関東カープ女子148名を感激させた、広島球団の営業戦略 nikkan-spaの記事より

この営業戦略素晴らしいですねえ!

メジャーの各球団は、ファンを巻き込んだアトラクションに趣向を凝らしたり
スター選手の首振り人形を配ったりと、
あの手この手の営業戦略でファンの掘り起こしを図っています。

今シーズン絶好調の広島カープ。
営業戦略も絶好調のようですね!
posted by たくカジ!!日記 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球

2014年04月03日

松井裕樹投手初先発

楽天・松井裕、課題と収穫の6回3失点 試練が今後の血肉「しっかり修正したい」Yahoo!スポーツより

初先発、緊張の極みだったんでしょうね。
初回、1番バッターヘルマンに打たれ、クイックも牽制にも気が回らない間に、
ヘルマンに2盗3盗を許し、そして先制点!
しかし、その後は持ち直して、5回まで無得点!

特に、素晴らしかったのは5回でした。
先頭打者のヘルマンを今度は四球で出し、続く平野選手にはバントの構えで揺さぶられてまた四球!
ノーアウト1・2塁です。3番の糸井選手をフライで打ち取りますが、
タッチアップでワンナウト1・3塁、4番ペーニャ選手のところで盗塁されてさらに2・3塁!

しかしここからが素晴らしかった!
ペーニャ選手を三振に切って取り、続く谷選手も三振!
下記の1球速報で5回の攻防をご覧になってみて下さい!
松井投手、これを糧に飛躍すると思います。10勝以上間違いなし!

http://live.baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2014040204/score?inn=5&tb=1&bat=

谷選手をチェンジアップで空振りに打ち取った時の映像がこれです。 ⇒ 動画

ちょっと書き忘れていました。
普通5回迄で、交替だと思うのですよね。
新人投手にとっては、5回までの投球だけでも、本当に十分な経験だった思うんです。
でも、6回も投げさせた。そして打たれて、さらに失点した。
星野監督らしいやり方だなあって思っています。
一試合で、二試合分もしくはそれ以上の経験をさせた!
それは、試合捨てることになるかもしれないギャンブルです。
試合には負けましたけど、松井投手を大きく育てるためのギャンブルとなりました。
posted by たくカジ!!日記 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球

2013年11月15日

選手会の苦渋の選択

選手会が新入札制度を受諾 日刊スポーツより

選手会のホームページに見解が掲載されています。

新ポスティングシステムについての当会の見解  日本プロ野球選手会公式HP

選手会の意見をまとめると、現行ポスティングシステムの問題点はこんなことでしょうか。

1.複数球団との交渉が行えないため、入札による独占交渉権を得たチームとの契約が不首尾となることが起こりうるし、実際に起こっている。
2.上記を考慮し、今回の新協定では契約不成立の場合に落札球団に制裁金を課す制度が新たに盛り込まれているが、制裁金額があまりに低く抑止力になり得ない。
3.そもそも現行の現行ポスティングシステム自体が不平等な条約でありのにも関わらず、NPBは対等な条件をMLBと交渉するという観点を持っていない。
4.NPBは、FA・保留制度を見直すという発想が欠如しており、本質的な議論は全くない。


スポーツニュースだけ読んでいると、選手会側がいちゃもんを付けたけれど、結局手打ちをしたんだな、どんなお土産を貰ったんだろうななんてことを考えてしまいますが、選手会のHPを読むと、まさに苦渋の選択だったんだなと言うことが良くわかります。

そういえば、WBCの時にも選手会はMLBにやられっぱなしのNPBに異議を唱えていました。WBCは興行的にMLBにとっては美味しいものなのでしょうが、プロ野球の選手にとってはメジャーで活躍する選手を含めてメリットの無いものだと思います。

今回のポスティングシステムについても、MLB側が制裁金の導入という凄くマイナーな改良(?)をして見せて、それだけでNPB側がOKしている。このシステムの問題点は非常に大きいのにもかかわらず、その点については何も抜本的な解決を図ろうとしない。

『残念ながら、今のNPBには、こうした問題について責任をもって交渉にあたることのできる担当者がいません。これは個々の担当者の問題というよりも、組織的な構造の問題に起因しています。』
との、選手会の指摘、そして絶望感。WBC問題でも、統一級問題でも明らかになった、「決められない」組織であるNPBの組織的な問題点について、マスコミからの指摘が全く無いと言う辺りに、今の日本の問題点が象徴的に現れていると思います。

posted by たくカジ!!日記 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球