2017年04月19日

矢野顕子×上原ひろみ TOUR 2017

矢野顕子×上原ひろみ TOUR 2017 「ラーメンな女たち」
2017年4月18日(火) 東京文化会館大ホール
矢野顕子 (vo/p)、 上原ひろみ(p)
music charge ¥7,500
door open: 18:00
show start: 19:00

『軽くね!』
上野駅で友人と17時過ぎに待ち合わせ、軽く一杯やってから会場に向かおうという算段です。弟と一緒だったら「上野藪そば」なのですが、友人は蕎麦が駄目なので、それではと「夜行列車」も考えましたが、日本酒だとせっかくのコンサートで眠気が襲ってきそうなので、ビールを選択。UENO3153ビル地下の銀座ライオンへ。大ジョッキ1杯と中ジョッキ1杯を軽くやって、会場へ!

「超満員」
東京文化会館大ホール入り口の案内板
5958317505438.jpg

お花!清水みっちゃんさすがセンスが素晴らしい!
5958317499694.jpg

そして会場内へ。超満員です。熱気がすごい!
でも隣の2席に人が来ない、最後まで来ない、何が二人に!??もったいない!
5958305982313.jpg

『前半のステージ』
開演前の場内アナウンス。担当は矢野顕子さんと上原ひろみさん、MC得意の矢野さんとMC苦手の上原さん。お二人の特性が存分に発揮されたアナウンスメントでした。

さて1曲目は『ラーメンたべたい』
矢野さんによると2つある『ラーメンたべたい』の古い方のやつで”旧ラーメン”と呼んでいるものだそうです。『So What』をモチーフにしたリフで始まり、矢野さんのの歌が続き、上原さんの怒涛のピアノが追いかける。5年前の「NHKホールコンサート」では遠慮しあっていて、デュオ〜ソロパート〜ソロパート〜デュオというジャズのオーソドックスな構成であったものが、今日は完全に融合しています。Facebookに思わず”親和性が増している”なんて投稿してしまいましたが、最初から凄いものを見せられています。

2曲目は『東京は夜の7時』
MCなしで2曲目へ突入。5年前に上原さんのピアノのことを『この人のピアノの中に、いままで自分が好きだったピアニストを見いだし(それはマッコイ・タイナーであったり、マル・ウォルドロンであったり、ダラー・ブランドであったり、チック・コリアであったり、山下洋輔であったりしますが。)それが見事にまとまり上原ひろみのピアノとして聞こえてくる』と書きましたが、あれから更に様々なミュージシャンと共演する中で、彼女のピアノはタイトな曲であろうとグルービーな曲であろうとその瞬間に一番必要な音とテンポを理解し演奏出来るスキルをアップしているように思います。本当に稀有なミュージシャンです。

3曲目は『おちゃらかプリンツ』
わらべ唄「おちゃらかほい」とウェイン・ショーター「フットプリンツ」を”アップルペン”のように合体した曲です。童謡〜怒涛のジャズ〜童謡でした。

4曲目は『真っ赤なサンシャイン』
この曲は、美空ひばり「真赤な太陽」とビル・ウィザース「Ain't No Sunshine」の合体。
この曲もなっていって良いのか!!??名曲「Ain't No Sunshine」でブルージーに始まり、テンポアップしながら「真赤な太陽」へ収束するって、どうしてこんなことを考え構成できるのか?まさしく矢野顕子ワールド全開、そしてそれを見事にバックアップする上原さんのピアノ。見事なブルースナンバーでした。

矢野さんは去年でデビュー40周年、上原さんが40周年を迎えて何をやるの?って聞いたら、矢野さんがなにか挑戦することをやりたいねって答えて、上原さんがこの40年で何が一番大変だったって聞いたら、前回の上原さん共演の時が生涯で一番練習してことを思い出しただった由。だからその苦労を覚えているのに、なぜに再び一緒にやろうと考えたのか?

それは一番楽しかったのも上原さんとの共演だったから。『上原さんと一緒に創る音楽は一緒の曲をやっても、毎回すべて違う!だから大変だけど、また生涯で一番練習して、この演奏会に備えたのよ』みたいなことを矢野さんは話されました。

5曲目は『DREAMER』
上原さんのオリジナルスコアに矢野さんが歌詞をつけた曲。
上原さんの叙情的な美しいメロディーに乗って、美しい夢に向かって旅立ちなさいと歌い上げる矢野さん。ホールが超絶テクニックによる音の洪水で溢れたかと思うと、曲調はリリカルなピアノサウンドに変化を遂げる。しかし、曲全体を貫く疾走感に変化はなく、我々は心地よいドライブ感に包まれる。至福でした!

6曲目は『飛ばしていくよ』
矢野さんの最新ヒットチューン。
二人のピアノの絡み合い最高でした。この疾走感、なんて素晴らしいんだ。
なんだよ、まだこれで前半なんだよ。もうすっかり満足したけれど、もっとやってくれるんだね。
ありがたいと思いつつ20分間の休憩となりました。

『後半のステージ』
後半1曲目は上原さんのソロで『THE TOM AND JERRY SHOW』
超絶技巧の速弾きがあって、カクテルピアノがあって、終わったかと思ったら、さらにジェリーが逃げ出して、トムとジェリーはもうひと騒ぎ。楽しさマックス!大拍手!

2曲目は矢野さんのソロで『SUPER FOLK SONG』
曲を始める前に、私がブログ『来週は「矢野顕子×上原ひろみ」』で紹介した下の階の住人のお話を披露されました、下の階の奥さんはジュリーさんと言うんですね、聞き間違えでなければ。

糸井重里さん作詞の『SUPER FOLK SONG』楽しい!
歌詞は、⇒ http://j-lyric.net/artist/a0018f1/l003ede.html


矢野さんのソロが終わり、上原さんがグッズを持って入場してきました。
矢野さんはしっかりとグッズについて説明、販売促進を繰り広げた後に、グッズが売り切れたことも説明。でも明日グッズだけ購入に来ればって、あんたは鬼か!

ということで、グッズにはこんなものがありましたよ。
5958317498665.jpg

3曲目は『CHILDREN IN THE SUMMER』
またデュオに戻って、この曲。これも糸井さんの作詞ですね。
今日のほぼ日、糸井さんが『今日のダーリン』で演奏会の感想書かれています。

感想の部分を引用しますと、
   『それにしても、昨夜の上野「東京文化会館」での
   「矢野顕子×上原ひろみ」のコンサートは、すごかった。
    音楽の激流に洗われて細胞が活性化したという感じ。
    まだ、余韻が消えそうもないです。』


さすが糸井さん、文章の達人。”細胞が活性化した”って、書けないよなあ・・・。

4曲目は『こいのうた』
上原さんの作詞。美しい曲です。もうそれだけ。

5曲目は『ホームタウン・ブギウギ』
笠置シヅ子「東京ブギウギ」と「ニューヨーク・ニューヨーク」の合体。
矢野さんのスキャット全開!で「東京ブギウギ」・・・、なのにこれが「ニューヨーク・ニューヨーク」につながっていって、ヤンキースの試合の終了後の風景なんかを思い出しつつ、すっかり聞き惚れましたよ。

6曲目は『ラーメンたべたい』
最後の曲は『新ラーメンたべたい』で締めです。
こちら旧よりかなりアップテンポのナンバー。しかしどんだけラーメン好きなんだ。
この曲も、圧倒的なドライブ感に、痺れまくりでした。

アンコール1曲目は『そこのアイロンに告ぐ』
矢野さんの『私達の最大のヒット曲』とのMCで始まりました。
格好いい歌詞だよなあ! ⇒ http://j-lyric.net/artist/a0018f1/l01cbdd.html
演奏が始まって、矢野さんが何やれ探している。でも見つからない。途中のMCで次の曲の準備をちゃんとやるのだと言っていたのに・・・。結局係の人が譜面を持って登場!!

それから2曲目は『GREEN TEA FARM』
上原ひろみさんの作詞作曲の曲 
歌詞は ⇒ http://j-lyric.net/artist/a0018f1/l01ee80.html
この2度めの上原ひろみ伴奏・矢野顕子歌でした。美しい歌です。

===========================================

この日の演奏会、矢野顕子さんと上原ひろみさん共演の演奏会ではありましたが、全体としては矢野顕子さんの音楽の世界を、上原ひろみさんが全面的にサポートして盛り上げたとの印象を持ちました。デビュー以来独自の世界を作り上げ、さらに世界を広げようと挑戦する矢野顕子さん。全世界で彼女の演奏を待っている多くの人がいるのに、ちゃんと故郷浜松を忘れず、静岡で必ずコンサートを開き、『GREEN TEA FARM』という曲を作り、もちろん日本各地でもコンサートを開いてくれる上原ひろみさん。

5年前のブログにはこんなことも書きました。
『この人のピアノを聴くといつも、長生きして良かったなと思います。
 この人の演奏に立ち会えることの幸せを感じます。』


あと何回上原ひろみさんのコンサートを聴くことが出来るのだろう?
先ずはこのチケットを確保せねばです!

上原ひろみ、世界的タップ・ダンサー熊谷和徳との初の全国ツアー開催決定!

posted by たくカジ!!日記 at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年04月10日

来週は「矢野顕子×上原ひろみ」

『ようやく来週になりました』
去年の12月にチケットを入手して待つこと4ヶ月。ようやく来週聴けます!
お二人のデュオを聴いたのは、2011年12月以来ですから、もう5年以上も前のこと
矢野顕子×上原ひろみ in NHKホール たくカジ!!の日常雑記より

3月の末に矢野顕子さんがこんなツイートをされてました。
https://twitter.com/Yano_Akiko/status/846954478033145856


 『今日はNYに来た上原ひろみさんと、来月のツアーの練習。普通のアパート、
  つまり防音装置などが無い、でグランドピアノ二台蓋を全開で弾くので、
  一応、階下の人に、今日は音が大きくてごめんなさいねって前もって電話したら、
  楽しみにしてるわ〜いつもただで聴かせてもらって悪いわね〜ですって』


上原ひろみさんのオフィシャルサイトを拝見すると、この矢野顕子さんとのツアーが終わると、アメリカそれからヨーロッパを、アルパ奏者のエドマール・カスタネーダさんと一緒に周る予定になっているようです。
http://www.hiromiuehara.com/schedule/tour.html

ラテン・ジャズ・ハープ演奏家とひろみさんのデュオも是非聴きたいものですが、先ずは日本の誇る二人のピアニストの共演を楽しめる幸福を噛み締めたいと思います。あと10日です。本当に待ち遠しい!

『mikiki.tokyo.jp』
こんなネット記事がありました。さあ、どんな音楽で楽しませてくれるのだろう??

自由闊達な2人の湯気立つセッション! 
上原ひろみが矢野顕子とのライヴ盤『ラーメンな女たち -LIVE IN TOKYO-』を語る
interview & text:桑原シロー  intoxicate 2017 February


0007381.jpg
(C)川島小鳥


posted by たくカジ!!日記 at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年04月05日

加川良さん追悼

大岡信さんの訃報を聞いて少なからずショックを受け、大岡さんの詩集なんかを引っ張り出して、好きな詩がたくさんあったなあなんて思っていたら、Facebookに加川良さんも亡くなったとの書き込みを発見。さらに慌ててニュースを調べるとありました!

フォーク歌手の加川良さん死去 69歳 oricon NEWS より

昨年の9月、「斉藤哲夫プレゼンツライブ2016」で元気に歌う加川良さんを見たばかりなので、まさか急性白血病で闘病されているとは思ってもいませんでした。

其の時に一緒に出演されていた高田漣さんのツイートが哀しい。
https://twitter.com/rentakada/status/849536698723782657

「教訓1」が有名だけど、ボクにとっては先ずはこの歌の人でした。

加川良・こがらし えれじぃ  YouTubeより

原詩:福田善之 補作:西岡たかし 作曲:西岡たかし の 「こがらし・えれじぃ」

なんなんだ!この説得力はと思う歌い手さんでした。

後にライブで好きになった唄は「コスモス」でした。

加川良 コスモス YouTubeより

揺れながら歌う加川良さん。もう見れないんだな!
とても残念です。とても残念です。


posted by たくカジ!!日記 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年03月24日

男と女の部屋

『飛・び・ま・す』
ワーナーミュージックから再発売された山崎ハコさんのファーストアルバムが、ハコさんの京都ライブで売られていましたので、購入してサインもしてもらいました。

WPCL11496.jpg  5831147236949.jpg

家に戻り、CDをしまおうと何気なく曲目を見ていたら、11曲目に『男と女の部屋』という見慣れない曲が入っていることに気づきました。このアルバムはその昔もう数え切れないくらい聴きましたので(もちろんその時はLPレコードでしたが・・)、10曲目の『子守唄』で終わっていないことに違和感を感じたのです。

で、ハコ友さんに質問したみたら色々とわかりました。
2006年に『飛・び・ま・す』が再発売された際にボーナストラックとして加えられたようですが(ちょっと不確実かもです)、ネットで調べてみると1975年に阿久悠作詞山崎ハコ作曲リリースという情報も出てきます。でもこの情報はどうかなあ???

確かなのはこれですかね。
男と女の部屋.jpg
企画制作品「男と女の部屋」(書籍「男と女の部屋」附録)(2007年)

この書籍についての解説がありました。
男と女の部屋 [作]阿久悠 [画]上村一夫 [文]南信長

もともとは、1973年9月10日発行のアクションコミックス(双葉社)だったとのことですから、あの頃漫画アクションに連載された上村さんの漫画は全て読んでいましたが、ハコさんが阿久悠さんの歌詞で作品を作っていたことは全く知らずじまい。

京都のライブで『きょうだい心中』を歌われたことはブログに書きましたが、この曲はハコさんの歌う曲のジャンルでいうと『大人の童謡』目『おどろおどろしい』属に含まれる作品ですよね。ハコさんは『きょうだい心中』や『呪い』などのタイプ(?)の曲を集めて一枚のアルバムにしちゃえと『人間まがい』というアルバムを作ったとライブで話されていましたが、正直言って私にはちょっと苦手のジャンルです。

もともと『飛・び・ま・す』に収録されている10曲に加えられた『男と女の部屋』。上村さんの世界を見事に捉えた楽曲ですが、ファースト・アルバム『飛・び・ま・す』の世界とは少し違った作品であると思うことも確か。iPod touchに取り込んである『飛・び・ま・す』に追加で取り込もうと思いましたが、思いとどまりました。もし、もし、『飛・び・ま・す』に何か1曲付け加えてよいのであれば、私だったら『今日からは』を付け加えたい。なんて・・・・ね!





タグ:山崎ハコ
posted by たくカジ!!日記 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年03月21日

山崎ハコ 京都『都雅都雅』

京都 山崎ハコ・新アルバム発売記念 『私のうたLive』
2017年3月20日(月) ライブハウス都雅都雅
出演:山崎ハコ (vo/g)、 安田裕美(g)
music charge ¥5,000(前売り)+ドリンクチャージ\1,000
door open: 16:00
show start: 17:00

『湯豆腐とイノダ』
初めての京都遠征。ハコ友さんの北海道のSさんと豊橋のNさんがご一緒です。
もう3月ではありますが、京都だから先ずは湯豆腐でしょうということで、ホテルに荷物を預けて、タクシーを拾って木屋町の豆水楼へ。連休最終日ということで、観光客も多く道も混んでいます。タクシーの中から豆水楼に電話して予約をお願いしたのが良かったのでしょう。お店に到着してみると入り口に本日は予約で満席の文字が!タッチの差でセーフだったのかも!?

5808657694807.jpg

湯豆腐と湯葉を肴に2合徳利がたぶん5本ほど現れては消えたような・・・???

5808761590576.jpg  5808762272117.jpg

ほろ酔いでお店を後にした私達。 木屋町通三条上るにいるのですから、やはり三条だったら『イノダコーヒー』でしょうということで、イノダまでそぞろ歩きながら酔いを醒まし、コーヒーと小腹空いたのでミックスサンドを分け合って、3時過ぎと相成りました。4時開場なので、慌ててホテルに戻り、豊橋ライブのフライヤーを持って、ホテル前でタクシーを拾ったら、これがなんと先程豆水楼まで連れて行ってくれたタクシーだったのにはびっくりしました。ハコさんのライブだからやはり『縁』が関わってくるんですねえ・・。

『セットリスト』
相変わらず前置きばかりが長くなってごめんなさい。
この日のライブのセットリストです。大枠は『Goodstock Tokyo』ライブのセットリストに沿ったものでしたが、京都ライブでは必ず歌われる『きょうだい心中』が入っていることと、岡林信康さんの『チューリップのアップリケ』が入っていることが強調ポイントでしょう!

『チューリップのアップリケ』についてですが、突然ハコさんが『人の歌を歌ってみようコーナー』なんて言い出しての曲でした。ハコさんは昨年の暮れに岡林さんのコンサートに足を運んだのだそうですが、その時に訪れた楽屋での話を先ずはご披露。岡林さんがお互い長くやっているよねえと話してきて、ハコさんが『私もう還暦ですよ!』って言ったら。岡林さんが『えっ!そんな若いの。俺なんかもう70やん。』って答えた。なんて話なんですが、岡林さんのことを思い浮かべると、かなり笑えませんか!?

『チューリップのアップリケ』は、ハコさんが中学の時に一生懸命練習して、一回披露もしたことがあるそうですが、とにかくフォーク初級講座みたいだけどやってみますとのMCがあり、あのアルペジオが始まりました。岡林さんの曲だけど、ハコさんが歌ってもいい感じでした。とても心に刺さりました。

『きょうだい心中』については、歌の舞台が京都の西陣町ということもあり、必ず京都でのライブには歌うことになっているそうですね。ところで、セットリストではこの曲は『チューリップのアップリケ』のあとになっていますが、本当は『ひとり唄』の後に歌う予定になっていたそうです。たぶん、初披露に近い『チューリップのアップリケ』に気を取られるあまり、順番まで間違ってしまったのですね。相変わらずのハコさんですが、このあたりがほんとに可愛らしいと思います。

それから9曲目の『ヨコハマ』ですが、アレンジがちょっと変わっていました。前奏がなんかブルージーで、ハコともは『さすらい』の前奏を連想したそうですが、確かに『さすらい』で歌われるハコさんの故郷日田盆地に立ち込めていた怖いくらいの”霧の白さ”がヨコハマの運河に立ち込めているようでしたね。

 1.歌いたいの
 2.織江の唄
 3.ひとり唄
 4.チューリップのアップリケ
 5.きょうだい心中
 6.愛(りりィファーストアルバム『たまねぎ』より)
 7.ざんげの値打ちも無い
 8.横浜ホンキートンク・ブルース
 9.ヨコハマ
 10.ごめん・・・
 11.女は人魚
 12.歌ひとつ
 13.BEATLE
 14.縁
(アンコール)
 15.私のうた
 16.気分を変えて

あ、書き忘れましたが、ライブ会場の『ライブハウス都雅都雅』とても音響も良くて、来年もまた来ようと思わせてくれました。また、来年の3月にたぶん行われる京都ライブに参加するといたしましょう。もちろん、湯豆腐と湯葉はマストですし、帰りに西利のお漬物と551の豚まんもマストです。あ、京都観光忘れたみたい!

それから、京都でもう一人のハコ友さんのMさんと合流したのですが、Mさんが終演後のサイン会で『ヨコハマ』のイントロについてとてもかっこよかったとハコさんにお伝えしたら、隣にいた安田さんと一緒に「今夜のあれはアドリブです」と言われたとのこと。凄いですねえ!チャゼル見たか!イエイエ違う違う。アドリブなんだ!凄いなあ・・・。

もう一つそれから、Mさんとは終演後に他のハコ友さんとご一緒に打ち上げということで京都の街に繰り出しました。じっくりとハコさんと肴にお酒と料理を楽しめて、さらにさらに幸せな京都の夜となりました。Mさん、どうもありがとうございました。

posted by たくカジ!!日記 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽