2017年04月28日

越前と若狭

『福井嫌い!??』
LINEが配信してくれる福井新聞のニュースアプリを使っています。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/accidentandincident/index.html

先日とても興味深いコラム記事を見つけましたので、その記事ついて少し書きます。
都会女子が本音、「福井」嫌い? もっと名乗って!【ゆるパブ】

このコラムは鯖江市がやっているという体験移住事業【ゆるい移住】で”ゆる移住”を体験した江戸しおりさんという女性が書かれたもの。

この指摘鋭いです。福井の人がこだわる越前と若狭という区分、もう一つ嶺北と嶺南という区分もありますが、こんな区分はよそ者(失礼!)にはなんの意味も無いですね。私は18歳まで福井市のはずれで生まれ育ちました。そしてその福井を離れて50年近く経ちます。でもです!いまだに越前と若狭の区分にこだわってしまうのです。

越前と若狭、同じ福井県ではありますが、若狭地方は京都と歴史的に深くつながっていて、お水取りは若狭の国の遠敷(おにう)明神が起源となっていますし、京都とダイレクトにつながっている鯖街道の存在もあります。ですから越前生まれのわたし(たち)から見れば、若狭の人は訛りも関西訛だし、関西を向いているのだと考えている。これに対して越前は、みんないわゆる福井弁を話すし、地域としての結びつきは関西だけではなく北陸4県(福井・石川・富山・新潟)と強く結ばれている・・・。

云々 ついつい同じ県ではあるけれど、嶺北と嶺南を隔てている木ノ芽峠を始めとする峠を境とした風土・気候の違いを強調してしまいます。皆さんの中にも冬に北陸線から福井に向かう折、北陸トンネルを抜けると一面の銀世界という経験をされた方がおられると思いますが、その昔はこの峠を超えることが非常に困難でありそれぞれが別の国として発展してきたということなのでしょう。

このようなことは、福井だけではなく、いろんな地域であることだと思います、例えば連れ合いは愛知県の三河地方の出ですが、愛知県における三河地方と尾張地方、この2つの地方も言葉・風土が大きく異なっています。でも、江戸しおりさんが指摘されておられるように、全国的に名前の知られている県と、福井県のように福井がどこにあるか知られていない県では違うでしょ!ということなんですよね!

すなわち!
『(越前そばや越前がに、若狭ふぐ、越前漆器や若狭塗など)この福井が誇るグルメや
  伝統工芸たち、みんな「越前」や「若狭」って名前がついてませんか?
  福井にはこんなにいいものがあるにもかかわらず、なぜ多くの人が福井のものであると
  知らないのかというと、この名前に問題があるんじゃないかと思うんです。』


もっともですね!

このコラムのきっかけにもなった、福井県の新しいブランド米の『いちほまれ』という名前、どうして例えば”福井ほまれ”という名前にしなかったのか!”越前ほまれ”としなかっただけマシかもしれませんが、”いちほまれ”という名前には柴田勝家とともに越前北ノ庄城内で自害をされたお市の方の名前が含まれているなんて密かに思っていないで(私だけかも)、もっと江戸しおりさんが指摘されているように、福井という名前に愛着を持ち、売り込んでいくべきでしょうね。
このコラムに全面的に賛成です。

タグ:福井県
posted by たくカジ!!日記 at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2016年07月20日

巨泉さん逝去

大橋巨泉さんが死去とフジテレビが報道 日刊スポーツより

フジテレビの「とくダネ」で情報公開。小倉さんへの餞だったのか?それともマスコミへのあてつけだったのか?理由はわかりませんが、永六輔さんが7日に亡くなられて11日に発表があったのに、巨泉さんからなんのコメント無かった理由がよおくわかりました。

これがテレビ出演の最後になりました。
徹子の部屋 2月4日 ! 徹子の部屋 祝40周年!永六輔&大橋巨泉  YouTubeより

みんな亡くなられてしまいますね。

ご冥福をお祈りいたします。

posted by たくカジ!!日記 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2016年07月11日

永六輔さん逝去

永六輔さん死去 放送界の草分け、マルチに活躍 朝日新聞デジタルより
放送タレントの永六輔さん死去 「上を向いて歩こう」作詞 共同通信より

七夕に亡くなられておられたのですね。永さんらしいおしゃれな日取りでした。
6月末で看板番組の幕を自らおろして、きっちりと後始末をして亡くなられた!
ずっと永さんのラジオ聴いていたかったけれど・・・・・・・。
ご冥福をお祈り申し上げます。

永さん.jpg

今晩の『いち・にの三太郎〜赤坂月曜宵の口』聴かないとね。


posted by たくカジ!!日記 at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2016年06月24日

英国の国民投票

『英国連邦』
EURO2016には、イングランド、ウェールズ、北アイルランドそしてアイルランドが出場、それぞれに決勝トーナメント進出を決めました。恥ずかしながらアイルランドと北アイルランドの区別もつかない私は、ブログ『これで、イングランド・ウェールズ・アイルランド・北アイルランドすべて決勝トーナメントに進出です。EU離脱はないのかな!??』なんてお馬鹿なことを書いてしまいましたが、これは駄目ですね!

英国連邦に属する北アイルランドと独立国のアイルランド共和国、一つの島が2つの国に分かれていて、名前も似通っているので混同したわけですが、北アイルランドの首都はベルファストでアイルランド共和国の首都はダブリン、当然ながらまったく違う国なんですよね。そしてもちろんアイルランド共和国はEUに加盟していて、今回の離脱についての国民投票とはまったく関係がありませんと自らに言い聞かせて・・・・・。

『投票結果』
さて、EURO2016はおいておいて、国民投票の結果です。

EU Referendum Results 「UK votes to LEAVE the EU」 bbc.comより

離脱支持が 51.9% 17,410,742人  
残留支持が 48.1% 16,141,241人


国別の投票結果です。

England Leave 53.4% 15,188,406人 Remain 46.6% 13,266,996人
Northern Ireland Leave 44.2% 349,442人 Remain 55.8% 440,437人
Scotland Leave 38.0% 1,018,322人 Remain 62.0% 1,661,191人
Wales Leave 52.5% 854,572人 Remain 47.5% 772,347人

ニュース解説の中では、残留派が強いスコットランドの投票率が悪かったからなんてコメントもありましたが、有権者の数で考えると、イングランドが離脱を選んだからであって、北アイルランドとスコットランドがいくら頑張っても仕方ないとしか思えません。

キャメロンさんは辞任を表明しましたが、とにかく彼の見通しの悪さが国民投票という愚策を選択してわけで、『離脱への長いプロセスは次の首相に任せます』ってなんだよ!と思うばかり。

しかし理由はいろいろあるにせよ英国民は離脱を選択しました。
当面ポンドが弱くなり、経済的には大変なことが起きそうです。
それから、スコットランドと北アイルランドの独立派も黙っていないでしょう。
しかし、民意は示されたのですから、英国は独立独歩で生きていく方法を考え始めるでしょう。
当然ながらEUを構成する国々もイギリス抜きのEUについて考え始めねばいけないのでしょう。
日本政府が為替をどうするのか?
政府首脳のおマヌケなコメントがないことを祈るばかりです。

タグ:EU離脱
posted by たくカジ!!日記 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2015年03月20日

北陸新幹線

『北陸新幹線について』
TBSラジオの「荻上チキ・Session-22」で北陸新幹線を取り上げていました。
2015年03月16日(月)「北陸新幹線開業で考える」(取材報告モード)

その中で、新幹線による「ストロー効果」「トワイライトエクスプレスの終焉」「第3セクターとなってしまう並行在来線」の問題が語られていました。詳しく内容がお知りになりたい方は、番組のpodcastをDLしましたのでそちらをお聴きいただきたいと思います。

https://drive.google.com/file/d/0B4HoO79cXWi5b1pEYXlzUmJ4Z2s/view?usp=sharing

番組の中でTBSの崎山記者が富山の各地の声をリポートされていましたが、ビックリしたのは、新幹線が止まらない→地盤沈下という単純なことだけではなくて、それまで富山の人が大阪方面にいくために利用していたサンダーバード、名古屋に行くためにしらさぎ、という特急列車が平行在来線の第3セクター化により運行されなくなったと言う事。このようなことになっていることを知りませんでした。

試しに、Yahoo!の「乗換案内」で、糸魚川と富山間を調べて見ると、

糸魚川→富山  Yahoo!路線情報より

新幹線は、糸魚川 → 黒部宇奈月温泉 → 富山 しか停まりませんので、それまで特急が止まっていた魚津駅は、「えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン」に乗り、泊駅で「あいの風とやま鉄道 」に乗り換えて行かないと、行けなくなったと言うことなんですね。特急の停車駅から第3セクターの駅の一つになってしまう。フルサイズの新幹線を呼び込むと言う事は地元の勢力図を大きく塗り替えることでもあるわけですね。

北陸新幹線は、東京への大きなドアではありますが、これまで北陸と強い結びつきのあった関西圏および中部圏には逆風でしかなく、東京への一極集中をさらに加速させることになる。それが実態なんだと納得した次第です。

結局、これは陳情用の列車と言う事なんだな。

『福井について』
蛇足ながら我が故郷福井について少し触れておきます。
福井県出身者として「北陸新幹線」をどう考えているのか?
それは、三上さんのこのコラムを読んでいただきたいと思います。

福井県は北陸新幹線開業で幸せになれるか? 三谷流構造的やわらか発想法より

三上さんのコラムにあるように、福井に帰るのに北陸新幹線はまったく役に立ちません。もちろんバイパスとしての価値はあるでしょうが、それ以上のものでは無し。でも、三上さんが提唱するように「コバンザメ戦略」はありでしょうね。恐竜県も納得。

富山県は東京にくっつくことで繁栄の道を模索しています。
石川県は金沢というブランド最大限に活かそうとしています。
観光というフィールドの中だけだと、それなりに上手くいくでしょう。
しかし、それぞれの地元の中での格差は格段に大きなものになるのでしょうね!
posted by たくカジ!!日記 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース