2018年10月19日

カーニバル・オン・アイス2018

カーニバル・オン・アイス2018 町田樹引退 ノーカット特別版

昨日放映されたノーカット版見ました。8日にテレ東でやっていたようですが見逃していましたので、とても嬉しい再放送(しかもノーカット版)でした。ネイサン・チェン、ザギトワ、ソツコワ、シブタニ兄妹、フェルナンデス、ジェイソン・ブラウン。そして日本からは宮原知子、坂本花織、宇野昌磨。他にもアボット、ランビエール、織田信成、鈴木明子、そしてこのイベントで引退する町田樹!豪華でした。

ウィッキペディアによれば、町田樹さんは『アマチュア引退後は、早稲田大学大学院へ進学、2017年3月には修士(スポーツ科学)の学位を取得。その後も後期博士課程へ在籍する傍ら、2018年4月からは慶應義塾大学、法政大学にて非常勤講師も務める。また、2018年10月までプロスケーターとして活動を続けた』いました。そしてこの番組では解説も担当してくれました。解説の冒頭で大学でとても忙しいので、解説の準備が大変だったとかましたので、なんか町田くんらしいと微苦笑でしたが、番組が始まったらその準備と解説のスキルに仰天しました。例えが悪いのを承知が書きますが、増田明美さんのマラソン解説を彷彿とさせるものでした。学業のこともあるでしょうし、講師も忙しいでしょうけれど、ぜひ是非、技の名称を連呼するだけの解説に代わって、フィギュア番組の解説を一手に引き受けてほしいと心から願っています。

番組ですが、世界を代表するスケーターが集まっているわけですからすべてのプログラムが見応え充分でしたが、なかでも良かったのは鈴木明子さんのプログラムでした。これは良かった、本当に良かった!町田くんが『風の神の歌というプログラムはシルク・ドゥ・ソレイユのカーとオーの系譜につながるものと考えている。』との解説をしましたが、それはすべてのスケオタが思ったことでもあります。鈴木明子というスケーターの持つ表現力はプロスケーターになってより大きく美しくなっていますね。音楽とのシンクロニシティ素晴らしいの一言です。

このプログラムyoutubeにアップされていましたので引用しますね。
AKIKO SUZUKI "Carnival on Ice 2018" 鈴木 明子

もう一つ驚いたのはジェイソン・ブラウンのイメージチェンジ。トレードマークのポニーテールをばっさりでショートヘアになっていました。解説によれば、彼はこの5月から、コーチをあのブライアン・オーサーに代えたようです。オリンピックに出場できなかったことがよほど悔しかったみたいで、本気でメダルを狙えるスケーターになるつもりなのかな?4回転にこだわらず自分のスタイルを追求していたジェイソンが好きでしたが、その彼が羽生くんと一緒に練習することでステップアップしようとしている。これは期待してしまうな。

彼の映像です。
Jason Brown - Carnival on Ice 2018

最後に町田くんのラストプログラム。最後の4回転が決まらないのも町田くんらしい。
でも心に残るパフォーマンスでした。泣いてまうやろ!まちだくん!
町田樹(Tatsuki MACHIDA) 2018 Carnival on Ice

ご苦労様でした。これからは解説で楽しませてね!
posted by たくカジ!!日記 at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184717048
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック