2018年08月10日

第100回夏の甲子園観戦記(その7)

『西純矢投手』
ヤフー・ニュースにこんな記事がありました。
オリックス西、“親戚”の創志学園・西の快投を大絶賛 「一度会ってみたい」

専門家が見ればフォームの違いをあれこれ指摘出来るのでしょうが、素人目には確かにフォームとかボールの軌道とか似ているなあと思います。
【高校野球】2年エース 西純矢の奪三振ショー!【創志学園ー創成館】
3者連続三振!オリックス先発・西が抜群の立ち上がり 2013.06.16 Bs-S

当たっているかどうかはわかりませんが、フォームのスムーズさより、リリースポイントでマックスの力が入るように投げ込んでいくという感じ、メジャーの投手に多くみられるピッチングフォームのように思えます。西純矢投手を見ていて特に良いなあと思うのが、左バッターの内角をえぐるツーシームです。三振はスライダーでより多く取っていましたが、伸びるストレートがあるからこそのスライダーでしょう。2回戦では下関国際の鶴田投手と投げ合うことになりますが、この対戦も楽しみです。

『敦賀気比』
故郷の出場校なので頑張ってほしかったけれど、今年はノーシードで県予選を勝ち上がったみたいで、ちょっと実力不足だったのかもです。ですが5回までは1失点でなんとか食らいついていましたので、なんとかなりそうな雰囲気も漂っていました。4回まで完璧に抑えられた野尻投手からも、5回には長打が出て、少しずつ良い当たりが出だしたよ!なんて思っていたのに・・・・・・。

やはり木更津総合は強かった。それからまったく投手体型とは言えない野尻幸輝投手ですが、調べてみるとプロ注目のスラッガーで本職は内野手、でも県予選からエースナンバーを背負うようになった二刀流なんですね。ボールが重そうで馬力のあるタイプのピッチャー。2回戦で対戦する興南も投打ともにまとまっている高校なので、これは良い試合になりそうです。

【第6ブロック】
このブロックで強いのは日大三・龍谷大平安・八戸学院光星の3校。平安と光星どちらが勝ち上がっても優勝候補といっても良い強豪校ですが、日大三高はちょっとレベルが違うように感じます。一昔前の東京代表は強いけれどもろいところもあってなかなか夏の大会は勝ち上がれませんでしたが、今年の代表校は日大三高も二松学舎大付も小技にも冴えを見せるスキのない攻撃が出来るチームに仕上がっています。かなり期待がもてるのでは!!?

 日大三(西東京)  試合前 折尾愛真(北福岡)
 羽黒(山形)    試合前 奈良大付(奈良)
 龍谷大平安(京都) 試合前 鳥取城北(鳥取)
 明石商(西兵庫)  試合前 八戸学院光星(青森)

『#ブラバン甲子園』
今日も#ブラバン甲子園のツイートを楽しみながら見ています。今日一番個人的にツボだったのは、このツイート。
『折尾愛真、応援歌、音痴すぎるだろ、キーを女の子に合わせるとか、
 男女で出せるキーを研究するとか、なんかできないの??』


折尾愛真の応援、声がよく出ていて統制もとれていたのに、応援歌が苦しそうだなあと思っていたので、この指摘は納得でした。圧倒的に女子が多そうな応援団なので女子のキーにあわせれば良かったのに!どうせ男子はがなるだけで音程などありませんから、これは改善の余地ありですね!

ブラバンで言えばこの日は何と言っても日大三高でした。
応援はやはりパーカッションが良いとより一層締まりますね。応援はどうしても曲と曲の間にインターバルがでてしまいますが、そのインターバルをパーカッションで上手につなぐ学校がいくつかありました。昨日の創志学園はマーチングバンドがそのつなぎを格好良くやっていましたが、日大三高のパーカッションも格好良かったなあ。今日も#ブラバン甲子園楽しんでます!


posted by たくカジ!!日記 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184137908
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック