2017年05月03日

ヘルプミー

『WORLD OF DANCE 2017 Germany』
ドイツで開催された世界ダンスコンテストの優勝チームが、山崎ハコさんの曲を使っているとの情報が、ファンの方からもたらされ、ハコさんにも伝わり、鎌田實先生がブログで紹介するという流れになっています。

ダンスコンテストの模様はYouTubeに公開されています。
ART ONE | 1ST Place Upper | World of Dance Germany Qualifier

鎌田先生のブログはこれです。
山崎ハコの風が吹いてきている 鎌田實「八ヶ岳山麓日記」より

どういう経緯で「ヘルプミー」がダンスに使用されるようになったかは不明ですが、ハコさんが10代に作った曲が40年以上経過してもこのように人の心を動かしていることに驚くばかりですね。

私もこの曲が収録されたアルバム『綱渡り』を発表の1976年に購入、何回も何回もアルバム(LP!)を聴いたものですが、改めて聴き直してみると、シンプルなアレンジなんだけど、キーボードの響きとかドラムの響きがプログレッシブ・ロックのバラード風なことに気づきました。違うよって言われるかもだけど、例えばキング・クリムゾンの「I Talk to the Wind」のムードによく似ているなんて・・・。

なのでちょっとLPを引き出してきて、アレンジとかレコーディングメンバーを確認しました。

6027373125858.jpg

アレンジ:ミュージシャンアレンジ
アコースティック・ギター:笛吹利明さん
エレクトリック・ギター:松原正樹さん
エレクトリック・ベース:Masakazu Fujii
キーボード:信田かずおさん
Yamaha drums:見砂和照さん  


ミュージシャンアレンジということは、その場のノリということなんですよね。
ベースの方がよくわかりませんが、エレキはハコさんが<strong>掲示板で触れられておられるように、昨年亡くなられた松原正樹さんで、印象的なキーボードは多くのミュージシャンのレコーディングに参加されておられる信田かずおさん。そしてさらに印象的なあのシンバルは見砂和照さん!つまり東京キューバン・ボーイズの見砂さん、なんですね!

なんか凄いスタジオミュージシャンが揃っての録音だったのですね。
だから、サウンドも色褪せないし、今聴いてもまったく古くない!
そう言えば、ハコさんの大岡山『Goodstock Tokyo』ライブについて書いた時に、このアルバム『綱渡り』の前のアルバム『飛・び・ま・す』の録音の際のエピソードについて書きました。『飛・び・ま・す』がファーストアルバムで、『綱渡り』がセカンド・アルバム。スタジオに集められた手だれのミュージシャンがハコさんをみての第一声が『子供じゃん!』だったそうだけど、このアルバムでもやはりミュージシャンの皆さんは『子供じゃん!』と思っていたのでしょうね。

でも楽曲が優れていたから、こんな素晴らしいアレンジと演奏をつけてくれた。それが今、40年も経過してヨーロッパで小さなブームとなっている。とてもとても興味深いことですね。

posted by たくカジ!!日記 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179634734
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック