2017年04月12日

浅田真央さん引退会見

『会見動画』
女子フィギュア浅田真央選手が引退会見(2017年4月12日)「THE PAGE」より

YouTubeでチェックしてみると、かなりの数の引退会見動画がアップされていることにビックリ。どれを選ぶか迷いましたが、「THE PAGE」の動画がかなり過去の動画もそのままキープしているようなので、これにしました。

さて会見はフジテレビの西岡アナの代表質問で始まりました。
早速、こんなツイートがあり苦笑。
https://twitter.com/asakav/status/851991724297658368
『代表質問、西岡さん良かった〜!塩原さんの時代が終わっててホントよかったよ!』

そうそう!好きな人もいたのかも?ですが、真央ちゃん全盛の時代と言えば『塩原ポエム実況と必要のない映像の垂れ流し』ばかりでした。ですからNHK杯だけが救いだったのです。しかし、フィギュアファンの温かいディスりも功を奏してか、いつしか実況が西岡アナに代わり、フジテレビのフィギュア中継も許容範囲内に収まってきました。この日の西岡アナの質問も、簡潔で的確なものでしたね。

西岡アナの代表質問が終わり、各社の質問に移行しました。
面白かったのは、

Q:トリプルアクセルは浅田さんにとってはどういうものか?
A:私は伊藤みどりさんのようなトリプルアクセルが跳びたいと思って、
  その夢を追ってやってきました。跳べたときはすごくうれしかったですし、
  自分の強さでもあったと思うんですけど、その反面悩まされることも多かったです。
Q:そのトリプルアクセルに声を掛けるとすると?
A:トリプルアクセルに声を掛けるんですか(笑)。
  う〜ん、なぜもっと簡単に跳ばせてくれないのという感じです(笑)。


でしょうか。

トリプルアクセルのこだわりについては、最後まで変えなかったですね。
ヤフーニュースに伊藤みどり選手のこんな記事がありました。
“先輩”伊藤みどりさん「トリプルアクセルに挑戦し続けてくれてありがとう」

正直、トリプルアクセルを単独で飛ぶより、トリプルトリプルを綺麗に決めたほうが得点は上がるわけで、実際キム・ヨナ選手はそうしていました。でも真央ちゃんはトリプルアクセルへのこだわりを決して変えなかった。男子フィギュアスケートはすでに4回転の時代に入っていて、4回転をより多く飛ばないと表彰台に登れない時代になっています。でも女子はまだトリプルの時代にとどまっている。

でも、女子も必ずトリプルアクセルを飛ばないと駄目な時代がやってくるはずです。誰が伊藤みどり選手から浅田真央選手とつながれたバトンをついでくれるのか。とりあえず紀平梨花選手に期待ですかねえ。
14歳天才現る トリプルアクセル1日5度成功 日刊スポーツより

会見の中で終始笑顔だった真央ちゃんが、最後の最後で涙をこらえきれなかったシーンでは、私ももらい泣きしてしまいました。稀代のスケーターが引退します。
大きな感謝を贈りたいと思います。


posted by たくカジ!!日記 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179410526
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック