2017年03月03日

Yoshio’s Memorial 原田芳雄追悼バースデーライブ

10907-1024x682.jpg Yoshio’s Memorial 原田芳雄追悼バースデーライブ
 2017年2月28日(火) 渋谷「JZ Brat Sound of Tokyo」 
 Show Time – Open 17:30 
 1st Start 19:00 2nd Start 20:30
 予約 ¥4,500 / 当日 ¥5,000(SOLD OUT!!)

Members :内海利勝(g)舘石逸見(b)恩田直幸(key)後藤雅夫(ds)
      早坂紗知(sax)松葉美保(chorus,vo)大戸恵美(chorus,vo)
Guest  : 佐藤浩市、江口洋介、原田喧太(g,vo)原田由佳(chorus,vo)
      山崎ハコ(vo)倉橋ルイ子(vo)

『原田芳雄さん』
原田芳雄さんは昭和15年2月29日生まれです。残念ながら、2011年7月19日に上行結腸がんによる肺炎のために亡くなられましたが、生きていれば今年77歳。ただ、うるう日生まれなので、誕生日が4年に1回しか訪れないため、昨年の『原田芳雄 19×4th バースデーライブ 風来去〜そろそろ芳雄の唄がききたい〜』『19×4th』はまだ19歳なんだよとの意味になっています。

芳雄さんが亡くなったその翌年から始まった追悼ライブ。今回で5回を数えます。
私は、俳優としての芳雄さんの大ファンでありましたが、とても残念なことに歌っていたことは知っていましたが、芳雄さんのライブを聞いたことはありませんでした。それが何故この追悼ライブに参加することになったのか?それは『YOSHIO's MEMORIAL 原田芳雄メモリアルLIVE』に山崎ハコさんがゲストと参加されることを知ったから。

その時参加した『YOSHIO's MEMORIAL』は第3回目の追悼ライブでした。
そしてブログに書きましたように、原田さんのバックバンドであった「flower top」がサイコーのバンドであることを知ったのです。『重くも無く軽くも無く、ちょうど良いこれだよなあって思わせるドライブ感!』で歌い手を支えつつ、メンバーそれぞれがさり気なく自分を主張してくる。ライブを聞いている間ずっとご機嫌でした。最高でした!

そんなバンドとゲストの皆さんのライブをまた聴くことができる。素晴らしい夜の始まりです。

『JZ Brat』
会場Openの17:30より少しだけ早めに会場である『渋谷JZ Brat』に到着。
すでにハコともの皆さんも何人か集まっていました。

5712302476896.jpg 5712302625263.jpg

中はこんな感じで、とてもシックでちょっと高級そうな雰囲気。

5712302698730.jpg

『一体感』
今回も、ライブ最高でした。追悼ライブに集った原田芳雄さんのバックバンドである FlowerTop のメンバーの皆さん、そしてゲスト出演した歌手の皆さんと聴衆の皆さん、みんなが原田芳雄さんを慕い、在りし日の姿・歌声を偲び、唄を捧げている。だからこそ生まれるこの一体感なのだと思いますし、是が非でも聞きに行きたいと思わせてくれるのだと思います。

では、この日のセットリストです。

【第1部】
1.花園アンモナイト     Vo.松葉美保さん ※バックはすべて FlowerTop
2.ファンキーベイビー    Vo.広田由佳さん
3.腕            Vo.倉橋ルイ子さん
4.愛の賛歌         Vo.倉橋ルイ子さん
5.Lazy Lady Blues      Vo.原田喧太さん
6.Many Rivers To Cross  Vo.原田喧太さん
7.ロックンロールナンバー  Vo.原田喧太さん ※曲名はわかりませんでした。
8.Welcome AIDS      Vo.山崎ハコさん
9.Color me right      Vo.山崎ハコさん
10.青い影          Vo.山崎ハコさん

【第2部】
1.マッカーサーのサングラス Vo.江口洋介
1.Only My Song      Vo.江口洋介
2.Don’t Worry       Vo.江口洋介
3.朝日のあたる家      Vo.佐藤浩市 
4.ブルースで死にな     Vo.佐藤浩市     
5.Don’t you feel lonely?  Vo.佐藤浩市
6.曲目不明         Vo.原田喧太さん ※曲名はわかりませんでした。
7.曲目不明         Vo.原田喧太さん ※曲名はわかりませんでした。
8.横浜ホンキートンクブルース 全員での唄と演奏
9.生きてるうちが花なんだぜ  全員での唄と演奏

コアな芳雄さんのファンの皆さんには怒られそうですが、原田喧太さんの歌った3曲の曲名がわかりませんでした。お恥ずかしい限りです。でも、曲名はわかりませんでしたが、とびっきり素敵な演奏と歌だったです!

『ハコさん』
ハコさんの3曲ですが、初めて歌ったのは2曲めの『Color me right』でしたね。ご機嫌なスローテンポのロックバラードで、ハコさんもバンドもノリノリでした。3曲めの『青い影』は一昨年も歌ってましたが、芳雄さんが歌っていたときのアレンジもそのままでキーも芳雄さんのキーで歌っているそうです。

ハコさん曰く、
『芳雄さんと同じキーで歌うと女の私には低いのですが、私にとって歌うという行為は空中の道をたどるようなものなので、芳雄さんと同じキーで歌うことは芳雄さんが辿った道を自分も辿っていけるように思うのです。だから低くても、芳雄さんが辿った道を同じようにずぅ〜っと辿って、芳雄さんが表現したかった”青い影”を自分なりに歌ってみたい。』

ハコさん、最近のライブで”空中の道”の話をよくされます。歌うことは、空中に伸びた一本の道をたどることなんだと。きっと、歌いながら、芳雄さんのことを感じているのでしょう。絶唱でした。

芳雄さん、この日で19歳と3ヶ月の年齢となりました。
20歳を迎えるのは2020年。来年も楽しみにしています。

posted by たくカジ!!日記 at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178906272
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック