2016年11月22日

立川談志生誕80年記念公演『談志まつり2016』

『談志まつり2016』
2011年の11月21日に亡くなった立川談志師匠。
1936年の1月2日生まれですから、確かに今年は生誕80年!
あまりというか、まったく熱心な落語ファンではない私は、2012年の『追善落語会』以来の『談志まつり』でしたが、楽しめました。

最終日の夜の公演の演目ですが、以下の通りです。

・一眼国     立川談修
・唖の釣り    立川談慶
・イラサリマケー 立川談笑
・洒落小町    立川志らく
 仲入り
・立川談志生誕80年記念座談会 立川談修 立川談慶 立川談笑
               立川志らく 立川ぜん馬 土橋亭里う馬
・黄金餅     立川ぜん馬
・スタンダップコメディ  松元ヒロ
・禁酒番屋    土橋亭里う馬

「一眼国」を演じた立川談修さん、千葉県船橋市出身なんですね。親近感を感じます。3年前に真打昇進したばかりのまだ若手(!?)ですが、上手い人でした。とにかく声が落語に向いている。渋いけど深みがあって、この人の落語をもっと聴いてみたいと思わせる落語家さんでした。

談慶さんはかなり緊張気味で、リラックスってつぶやきながら・・・・聞いていました。
談笑さんはいつものように爆笑の連続。アナーキーな人です。
そして志らく師匠。相変わらず上手いの一言。

仲入り後、師匠方が集まっての座談会(というか放談会)

そしてぜん馬師匠の「黄金餅」がんを克服しての高座ですので、ちょっと声はかすれていますが、でもよく通る声で、聴かせてくれました。引きこまれました。

松元ヒロさんが間に挟まってのスタンダップコメディ。談志師匠と永六輔さんの交流を語り、今上天皇についてのちょっと危ないトークを交えて、永六輔さんの思い出話もたっぷり。永さんのラジオ番組でヒロさんのトークをよく聞いていましたので、いつものトークなんだけど、みんな死んじまってと指折り数えて、黒柳さんも数えるとギャグで会場大爆笑。ヒロさんのトークも最高でした。

トリは里う馬師匠。藩内の刃傷沙汰で禁酒を言い渡された家臣、しばらくは君主の禁酒令に従っていたものの、酒好きの家臣が何とかお屋敷にお酒を届けさせようと馴染みの酒屋に無理難題を言いつけます。酒屋の使用人が知恵を絞って、番屋をすり抜けようとしますが、役人が見破ってお酒はみんな飲まれてしまう。そこで最後に取った手段は??里う馬師匠は役人が酒を見つけて飲み干す所作を演じながら、やがて酔っ払って行くさまを見事に演じきり、さすがでした。

パンフ表.jpg パンフ裏.jpg
posted by たくカジ!!日記 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177773166
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック