2011年12月12日

矢野顕子×上原ひろみ in NHKホール

gettogether 『矢野顕子×上原ひろみ in NHKホール』
 場 所:渋谷 NHKホール
 日 時:12月11日 18:10〜21:00
 出演者:矢野顕子 上原ひろみ




『矢野顕子』
だんだん矢野顕子さんに対する違和感が消えていきます。あの歌声が嫌いだったのだけど、上原ひろみさんとのコラボを聴いて違和感がなくなったのでしょう。すかすかに抜けているように思えた歌い方も、良く聴いてい見ると思いが詰まっていることが解ったからかも知れない。特に、人見記念講堂での「月と太陽」のヴォーカル、感動したのでありました。

さて、この日のステージは2部構成で、前半はデュオ、後半はソロとデュオでした。セットリストはほとんどがアルバムからの曲でしたが、「そこのアイロンに告ぐ」 も披露。矢野さんのソロでは、「監督失格」の主題歌「しあわせなバカタレ」と糸井さんとの共作「こんなところにいてはいけない」が演奏されました。ツイッター情報では平野勝之監督も会場にいらしてたとか。平野監督が1昨年の「さとがえるコンサート」聴いてすぐに矢野さんに映画音楽を頼んだエピソードなんかを思い出します。「こんなところにいてはいけない」と言う歌詞も凄いなあ。福島の人がそう思い、福島以外の人がそう思い、さて自分はどうしていくかを考える、そんなきっかけを作る歌ですね。シンプルだけど深い意味を感じさせます。この日の矢野さん、人見記念講堂の時より、かなりリラックス。確かに前回はライブレコーディング一発録りという無謀なコンサートでしたから緊張感も半端じゃなかったのでしょうね。リラックスしていた分、上原さんのピアノに十分余裕で立ち向かっていたとの印象を持ちました。楽しいデュオと美しくも切ないソロでした。

『上原ひろみ』
この人のピアノを聴くといつも、長生きして良かったなと思います。この人の演奏に立ち会えることの幸せを感じます。この人のピアノの中に、いままで自分が好きだったピアニストを見いだし(それはマッコイ・タイナーであったり、マル・ウォルドロンであったり、ダラー・ブランドであったり、チック・コリアであったり、山下洋輔であったりしますが。)それが見事にまとまり上原ひろみのピアノとして聞こえてくる時、ありきたりですが「後生畏るべし」と思うとともに、たとえようのない幸せを感じます。

この日の演奏もそれぞれに素晴らしいインプロビゼーションの連続でした。たとえば「Haze」と言う曲があります。YouTubeに曲がアップされています。

Hiromi Uehara(上原ひろみ)plays solo Haze.  YouTubeより

この曲を上原さんは後半のソロのパートで披露しました。この日の「Haze」は、YouTubeのそれと少し異なり、もっとゆったりとスローなアレンジで始まりました。単調なアルペジオの繰り返しの中に織り込まれる美しいメロディ。ゆっくりだけどとてつもないドライブ感を感じるリズム。少しずつ少しずつ音が足され溢れるようなサウンドが提示され、また静かに戻っていく。なんて素晴らしい!私も、観客みんなも、早く拍手したくってうずうずしているような素晴らしい演奏でした。どうしたらこんなアレンジが即興で出てくるのか。デュオの演奏でもそれは同じでした。毎回違うアレンジで、毎回素晴らしい演奏が繰り広げられる。本当に幸せな瞬間でした。矢野さんと上原さんのデュオ、次に聴けるのはいつになるのだろう?その時が来るまで、少し長くかかるだろうけど、待ちたいと思います。

『ケープコッド・チップス』
アルバム「Get Together ~LIVE IN TOKYO」の曲目になっている「Cape Cod potato Chips」ですが、ボストンのハイニアス(地図で習ったケープコッド半島ですね)にあるポテトチップメーカーの商品なんですね。ひろみさんが好きなんだとか。2人はこのチップスが美味しい・量が多い・日本のポテチの袋は空気ばかりで中身の量が少ないなどで盛り上がっていましたが、袋の印刷している灯台(ブランドイメージだよね!)のことを工場と思い込んでいたことがわかり爆笑!やはり天然だ!

袋はこんな様子です。ケープコッド半島の灯台がモチーフなんですねえ・・。
Chips


posted by たくカジ!!日記 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171347667
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック