2017年05月11日

Pokémon GO 新しい設定??

『バージョン1.33.1』
新しいバージョンがアップされているようですが、まだ私のスマホには通知なし。
そんな中、こんな記事が目につきました。
【ポケモンGO】ついにアレが対策!今回のサイレントアプデも凄い!【解析】

記事は新しいバージョンの内容よりも、内部のコードについての分析への言及が主ですが、個人的に興味深いのは、『ジムで同じポケモンを置くのに制限が出来る』のでは?という分析です。

ハピナスタワーやカイリュータワー防止

是非やってほしいですね。
ジム攻略もレベルが4以上で、しかもカイリュウやハピナスだらけでは、まったく戦う気になりません。時間をかければ倒せるけれど、そんな時間があるならあるきまわって、ポケモンゲットして、レベルを上げるほうがずっと嬉しい。さて、どんな制限になるのか?いつなのか?????

fdfc7b8ae4ba20ee85269485ce063e592de905f627481c0f30c08b39d18c3831859b657e.jpg


posted by たくカジ!!日記 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑記

2017年05月10日

「ラーメンな女たちツアー」が終わって

『ツアー終了』
上原ひろみさんのブログでラーメン情報とともに報告されていた『ラーメンな女たちツアー』が先月末札幌教育文化会館で開催されたコンサートを持って終了しました。私が聴いた4月18日の東京文化会館でのコンサートについてももちろん書き込みがありましたが、
http://blog.hiromiuehara.com/2017/04/tokyo-japan-96.html
札幌のコンサートについてはこんな書き込みです、
http://blog.hiromiuehara.com/2017/04/sapporo-japan-10.html

 『ラーメンな女たちツアー最終日。
  大好きな矢野顕子さんと、
  夢のような2週間強を過ごせました。
  足を運んでくださった皆様、
  本当にありがとうございました!』


今思うと、東京でのわずか1公演しか聴けなかったのがとても心残りですが、
ひろみさんが”夢のような2週間強を過ごせました”と思ったのであれば、とても嬉しい。
これから、彼女はアルパ奏者のエドマール・カスタネーダさんとワールドツアーをしばらく続けることになります。日本に戻ってくるのは12月かなあ??

ひろみさんのブログにはこんな文章が掲載されています。
「みんなの夢を乗せた船」2017年3日15日 上原ひろみオフィシャルブログより

もっと日本でのライブを増やしてほしいと思うけれど、メッセージで登場するモンタナのファンの皆さんの描写を読んでしまうとねえ・・・。熱烈なファンだけでなく、『私ね、今日65歳の誕生日なの!それで、さっきあなたのライブを見たんだけど、本当に65年間生きてきてよかった!65になっても、まだこんな知らない感覚が、人間にはあるのね。びっくりよ。本当にありがとう!』とひろみさんに感謝するおばちゃんもいる!そしてきっとわかってくれる聴衆がいてくれると、わずか2300人の人口の街に、上原ひろみさんを呼ぼうとするイベンターもいる。これじゃあ、ツアーやめられないよなあ・・・なんて勝手におじさんは思ふ。

「ラーメンな女たちツアー」のもう一人の主役 矢野顕子さんはこんなツイート!
 『自分の全体力全気力をもって日本を駆け抜けた、上原ひろみさんとのラーメンな女たち。
  それが終わってすぐ、今度は自分の持てる全ての内面的音楽の力をぎゅうっと絞り出し,
  人間的表面張力によって其れを維持するという、またもや非常に骨の折れるプロジェクト
  をやっている。チャレンジが好きなんだな。』


65歳のおばさんが感動で心が打ち震えるような、そんな”ナニか”を求めて、おじさんもチャレンジしないといけない!そう思う朝です。


posted by たくカジ!!日記 at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年05月03日

ヘルプミー

『WORLD OF DANCE 2017 Germany』
ドイツで開催された世界ダンスコンテストの優勝チームが、山崎ハコさんの曲を使っているとの情報が、ファンの方からもたらされ、ハコさんにも伝わり、鎌田實先生がブログで紹介するという流れになっています。

ダンスコンテストの模様はYouTubeに公開されています。
ART ONE | 1ST Place Upper | World of Dance Germany Qualifier

鎌田先生のブログはこれです。
山崎ハコの風が吹いてきている 鎌田實「八ヶ岳山麓日記」より

どういう経緯で「ヘルプミー」がダンスに使用されるようになったかは不明ですが、ハコさんが10代に作った曲が40年以上経過してもこのように人の心を動かしていることに驚くばかりですね。

私もこの曲が収録されたアルバム『綱渡り』を発表の1976年に購入、何回も何回もアルバム(LP!)を聴いたものですが、改めて聴き直してみると、シンプルなアレンジなんだけど、キーボードの響きとかドラムの響きがプログレッシブ・ロックのバラード風なことに気づきました。違うよって言われるかもだけど、例えばキング・クリムゾンの「I Talk to the Wind」のムードによく似ているなんて・・・。

なのでちょっとLPを引き出してきて、アレンジとかレコーディングメンバーを確認しました。

6027373125858.jpg

アレンジ:ミュージシャンアレンジ
アコースティック・ギター:笛吹利明さん
エレクトリック・ギター:松原正樹さん
エレクトリック・ベース:Masakazu Fujii
キーボード:信田かずおさん
Yamaha drums:見砂和照さん  


ミュージシャンアレンジということは、その場のノリということなんですよね。
ベースの方がよくわかりませんが、エレキはハコさんが<strong>掲示板で触れられておられるように、昨年亡くなられた松原正樹さんで、印象的なキーボードは多くのミュージシャンのレコーディングに参加されておられる信田かずおさん。そしてさらに印象的なあのシンバルは見砂和照さん!つまり東京キューバン・ボーイズの見砂さん、なんですね!

なんか凄いスタジオミュージシャンが揃っての録音だったのですね。
だから、サウンドも色褪せないし、今聴いてもまったく古くない!
そう言えば、ハコさんの大岡山『Goodstock Tokyo』ライブについて書いた時に、このアルバム『綱渡り』の前のアルバム『飛・び・ま・す』の録音の際のエピソードについて書きました。『飛・び・ま・す』がファーストアルバムで、『綱渡り』がセカンド・アルバム。スタジオに集められた手だれのミュージシャンがハコさんをみての第一声が『子供じゃん!』だったそうだけど、このアルバムでもやはりミュージシャンの皆さんは『子供じゃん!』と思っていたのでしょうね。

でも楽曲が優れていたから、こんな素晴らしいアレンジと演奏をつけてくれた。それが今、40年も経過してヨーロッパで小さなブームとなっている。とてもとても興味深いことですね。

posted by たくカジ!!日記 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽