2017年04月09日

山崎ハコ 『グレープフルーツムーン』ライブ

山崎ハコグレープフルーツムーン・デビュー・ライブ!『私のうた』
2017年4月8日(土) LIVE&BAR 三軒茶屋GRAPEFRUIT MOON
山崎ハコ (vo/g)、 安田裕美(g)
music charge ¥5,000
door open: 18:00
show start: 19:00

『グレープフルーツムーン』
三軒茶屋のライブハウスです。駅から歩いて7分くらいでしょうか。
お店の外観はこんな感じでした。

5906402152986.jpg  5909256000124.jpg

開場は18:00でしたが、予約メールの返信に「整理番号順の入場となります。(17:30〜整列となります)」とありましたので、時間通りに整列。いつものハコ友の皆さんが勢揃いでしたが、その中に愛知県の江南市からの新顔さんが一人。さっそく豊橋ライブ主宰のNさんのレーダーにひっかかり、チケット1枚販売完了!新人ハコ友さん、ライブ終了後の打ち上げ(?)飲み会にも参加。豊橋ライブ賑やかになりそうです。

外観の入り口から階段を降りていくとライブスペースです。

5909255538406.jpg

電飾!変わってますよね。
キャパは、・イス席=約 65
     ・スタンディング込 トータル=約 100 名
音響は、 ・POWER AMP AMCRON Xti6000 USA 1310 ×2
     ・SPEAKER JBL SRX738
開演までジャズピアノがかかっていましたが、良い音で鳴っていました。

『セットリスト』
では『グレープフルーツムーン』ライブのセットリストです。

第1部
1. 桜の日
 ※開演時間より少し遅れてハコさんが一人で登場、ステージに置かれた椅子に腰を掛けて、
  前奏なしに”晴れた日の 午後に 桜舞い散り・・と歌いだしました。東京は雨模様ですが、
  桜が満開の季節です。心の何処かで「桜の日」を歌ってくれないかと願っていましたが、
  それが1曲目で叶い、しかもアカペラでの歌い出し!心震えました。
  
  歌い終わって、「今日がデビューの山崎ハコです」と一言。かなり滑ったかなあ!??
  「この歌は歌詞にあるように15歳の時に作った歌で、フォークとプログレの両方の要素
  が入っている」と続いたのはかなりの衝撃。確かに、歌詞はフォークの叙情が溢れている
  けれど、段落ごとの物語が組曲のような構成になっているところはプログレの曲の要素が
  活かされています。
  「桜の日」は数年の後にアルバム「藍色の歌」に収録されましたが、アレンジャーの人
  から、「この曲は組曲のようになっているね、プログレだね。」って指摘されたのだと
  ハコさんは嬉しそうに話していましたが、聞いている私はビックリの連続でした。
  ハコさんの早熟さ、半端ねえっす! 
2. 白い花
 ※この曲をカバーしてくれた北原ミレイさんのエピソードを紹介。
  北原ミレイさんから「白い花」という題名のLPが届いて、一緒の題名だなと思ったら、
  自分の曲を歌ってくれていてびっくりしたことと、ギターの前奏が安田さんのアレンジと
  全く一緒だったことに驚いた事など。
3. さくら
 ※名曲「白い花」をはさんで、再び桜の曲。こちらはひらがなで「さくら」です。
  アルバム「幻想旅行」の収録曲ですが、こちらの「さくら」も良い歌です。
4. 伝道
5. 教訓1
6. 鎮静剤
 ※この日のステージ、最初から譜面台がありました。ハコさんからも譜面台があるということ
  は人の曲をやるからですとのMCがありましたので、京都のライブでもやったりりィさんの
  曲を歌うのかなと思っていたら、なんと加川良さんの曲でした。メドレーで3曲!
  伝承ホールでの「FOLK vs 落語 vol.2 加川良・山崎ハコ・桃月庵白酒」の思い出や
  ハコさんのお兄さんの所蔵のアルバム「親愛なるQに捧ぐ」をよく聴いていた思い出など。
  マリー・ローランサン作詞の「鎮静剤」、高田渡さんのヴァージョンも良いけれど、加川良
  さんのヴァージョンの乾いた明るさも良かった!また歌ってくれるそうです。
  でも、加川良さん、もういないんだよなぁ。
7. わたぼうし
 ※リクエスト貰っていた曲なのだけど、どこで貰ったかも、誰に貰ったかも分からない曲です
  との紹介でこの曲。この日の衣装、薄いブルーのデニムシャツでしたが、生地に綿毛の刺繍が
  ありましたので、この歌を意識してのものかもしれません。豪華なステージ衣装を着ることは
  ないハコさんですが、いつもなにかしらのこだわりをもっています。
  
第2部
1. ヨコハマ
2. 横浜ホンキートンクブルース
3. リンゴ追分
4. ごめん・・・
5. 歌ひとつ
 ※「ごめん・・・」を歌っている最中もちょっと危なかったけれど、「歌ひとつ」で感情が
  溢れ出してきたのでしょうね。歌いながら「加川さん、なんで白血病なんかになったんだと
  思ってしまって・・・・」と歌い終わって謝るハコさん。
  加川さんメドレーでは泣かなかったのに・・。ステージで涙ぐむハコさんを見たことがなく、
  私も心が揺さぶられました。
  みんな死ぬのだから、加川さんにもいずれ会えるけれど、あまりに急なお別れだったからね。
6. BEETLE
7. 縁

アンコール
1. 会えない時でも
 ※ひさしぶりに「会えない時でも」です。良い曲だよねえ。
2. 気分を変えて
 ※この日は、この先に予定されている5月の「バースデーライブ2Days」と各地で予定
  されているライブの紹介。それからライブの前日に69歳の誕生日を迎えた安田さん
  への誕生日ソング(「星に願いを」のメロディーでハッピーバースデーを歌ったね)
  の披露、それから各地で支えてくれているファンの皆さんへの感謝。など話すこと
  が多すぎたようで、たぶん「会えない時でも」のあとに「私のうた」を歌う時間の
  余裕がなくなったように思いますが、最後はもちろんこの曲!
  そして、最後にエア・ハイタッチ!

それにしてもまだまだ先だと思っていたバースデーライブ、もう来月なんだね!

続きを読む
posted by たくカジ!!日記 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽