2017年04月10日

来週は「矢野顕子×上原ひろみ」

『ようやく来週になりました』
去年の12月にチケットを入手して待つこと4ヶ月。ようやく来週聴けます!
お二人のデュオを聴いたのは、2011年12月以来ですから、もう5年以上も前のこと
矢野顕子×上原ひろみ in NHKホール たくカジ!!の日常雑記より

3月の末に矢野顕子さんがこんなツイートをされてました。
https://twitter.com/Yano_Akiko/status/846954478033145856


 『今日はNYに来た上原ひろみさんと、来月のツアーの練習。普通のアパート、
  つまり防音装置などが無い、でグランドピアノ二台蓋を全開で弾くので、
  一応、階下の人に、今日は音が大きくてごめんなさいねって前もって電話したら、
  楽しみにしてるわ〜いつもただで聴かせてもらって悪いわね〜ですって』


上原ひろみさんのオフィシャルサイトを拝見すると、この矢野顕子さんとのツアーが終わると、アメリカそれからヨーロッパを、アルパ奏者のエドマール・カスタネーダさんと一緒に周る予定になっているようです。
http://www.hiromiuehara.com/schedule/tour.html

ラテン・ジャズ・ハープ演奏家とひろみさんのデュオも是非聴きたいものですが、先ずは日本の誇る二人のピアニストの共演を楽しめる幸福を噛み締めたいと思います。あと10日です。本当に待ち遠しい!

『mikiki.tokyo.jp』
こんなネット記事がありました。さあ、どんな音楽で楽しませてくれるのだろう??

自由闊達な2人の湯気立つセッション! 
上原ひろみが矢野顕子とのライヴ盤『ラーメンな女たち -LIVE IN TOKYO-』を語る
interview & text:桑原シロー  intoxicate 2017 February


0007381.jpg
(C)川島小鳥


posted by たくカジ!!日記 at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年04月05日

加川良さん追悼

大岡信さんの訃報を聞いて少なからずショックを受け、大岡さんの詩集なんかを引っ張り出して、好きな詩がたくさんあったなあなんて思っていたら、Facebookに加川良さんも亡くなったとの書き込みを発見。さらに慌ててニュースを調べるとありました!

フォーク歌手の加川良さん死去 69歳 oricon NEWS より

昨年の9月、「斉藤哲夫プレゼンツライブ2016」で元気に歌う加川良さんを見たばかりなので、まさか急性白血病で闘病されているとは思ってもいませんでした。

其の時に一緒に出演されていた高田漣さんのツイートが哀しい。
https://twitter.com/rentakada/status/849536698723782657

「教訓1」が有名だけど、ボクにとっては先ずはこの歌の人でした。

加川良・こがらし えれじぃ  YouTubeより

原詩:福田善之 補作:西岡たかし 作曲:西岡たかし の 「こがらし・えれじぃ」

なんなんだ!この説得力はと思う歌い手さんでした。

後にライブで好きになった唄は「コスモス」でした。

加川良 コスモス YouTubeより

揺れながら歌う加川良さん。もう見れないんだな!
とても残念です。とても残念です。


posted by たくカジ!!日記 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年04月02日

世界選手権男子シングル

『史上最高の最終グループ』
そんな形容も大げさではないと思う今回の世界選手権男子シングル。
今までも熾烈なメダル争いはありました。例えば、長野オリンピックのクーリック・ストイコ・キャンデロロの戦い、トリノオリンピックのプルシェンコ・ランビエール・バトルの戦いです。でもそれはいずれも三つ巴の争いであり、今回の世界選手権のように最終グループの6人すべての熾烈な争いというものはありませんでした。

この熾烈な争いのもたらしたのは、もちろんこれまでの戦いで羽生結弦選手が叩き出してきた(池崎風に言えば空前絶後の!)高得点だと思います。あの高得点、あの4回転が多くのスケーターの心に火をつけ、技術点の基礎点が100点を超えるプログラムに挑ませることになりました。

しかし多くのスケーターの心に火をつけた羽生選手自身が練習過多!??(もちろん理由はそればかりではないのでしょうが)による足の怪我に悩まされることになり、あの”陰陽師”のプログラム以降、満足のいくスケーティングを披露することができなくなっていました。

この状況にゆずファン(もちろん私を含めての!)はかなり鬱々していたと思います。昨年の12月のグランプリファイナルには勝ちましたが、FS得点は187.37点(技術点96.01点、演技構成点92.36点、減点1.00)。こんなのゆず君ではない!断じてない!

そんな気持ちの中での、あのショートプログラム、そしてあのフリーだったのです。
ショートプログラムでトップに立ったフェルナンデス選手との得点の差は10.66!フリー演技での羽生選手とフェルナンデス選手のプログラムの基礎点に10点の差があるので、羽生選手が完璧な演技をすれば逆転可能であるとの指摘はあったものの、4回転サルコウのコンビネーションがずっと成功していない状態を見ると、その可能性は限りなく低いように思えたのです。

ところがです。羽生選手はやはり羽生選手でした。この演技!永久保存版です!

と言ってもまだISUの映像がアップされていませんでに、ファンがアップした映像です。
Yuzuru Hanyu Helsinki Worlds 2017 Free Skating 1/4/2017 Darren Tanさんの映像より

ファンの人の手持ちのビデオ映像なんですが、余計なズームなんかがなくて、しっかりと遠景からの演技映像が撮られています。けっして鮮明な映像ではないのですが、会場に集まったフィギュアファンの興奮も直に伝わってきて、見るだけで感動する映像になっています。これはこれで保存版だなと思います。

『スコア』
スコアを引用しておきます。
ISU World Figure Skating Championships 2017 MEN FREE SKATING

羽生選手のスコア、GOEでマイナスがまったくありません!
Total Element Scoreがなんと126.12 それから、Program Componentsがなんと97.08 
NHK杯の陰陽師では97.20とほとんど同じ得点です!
ISU GP NHK Trophy 2015 MEN FREE SKATING

このスコア、見ていて本当に飽きませんね。
でも、まだまだ伸びしろがあることも見えてきます。羽生選手はコンビネーションジャンプも含めて4度4回転を飛んでいますが、GOEの最高点は2.71。これに対して宇野選手は3A+3Tですが満点を叩き出していますし、フェルナンデス選手は冒頭の4回転トウループで満点を叩き出しています。伸びしろありですね!

試合後のインタビューでの羽生選手です。
羽生3季ぶり王座奪還「科学的に人間は5回転まで跳べるらしい」 Yahoo!ニュースより

『この構成、4回転を4本、トリプルアクセルを2本、コンビネーションを
 すべて後半にもってくる構成をまず試合でやりきる自信がついたのが大きい。
 ただ、SPとフリーを揃えるのが1番大事。そういう意味では五輪に繋がるのは、
 まず4回転4回の構成をやり遂げられた自信を持てたことと、
 SP、フリーを揃えるための課題が見つかったことかなと思います』


大丈夫そうですね!


続きを読む
posted by たくカジ!!日記 at 08:23| Comment(2) | TrackBack(0) | フィギュアスケート