2018年05月21日

山崎ハコ バースデイ ライブ ♯1

155135.jpg 山崎ハコ バースデイ ライブ ♯1(1日目)
 2018年5月18日(金) 「大塚Hearts Next」
 東京都豊島区北大塚2-16-8 バロックコート大塚 B1
 music charge 予約¥5000、当日¥5500円(ドリンク別途)
 door open:18:00
 show start:17:00   TEL.03-5944-5424
 http://hearts-web.net/next/access/

『今年から・・・』
ハコさん恒例のバースデーライブ、六本木スイートベイジル(2007年から8年間開催)と渋谷伝承ホール(2015年から3年間開催)会場が移ってきましたが、今年はライブ会場としてはおなじみの大塚Heartsの隣に新しくオープンした「大塚Hearts Next」での開催となりました。

新会場は大塚Heartsと同様地下のライブハウスです。
階段を降りていくと、お花が飾られていました。

先ずは劇団荒城さんからのお花 もともとハコさんの曲を舞台で使ったおられ、その縁で昨年の還暦バースデーライブでは荒城勘太郎さんがハコさんの歌で踊られたんですよね。
7986362365121.jpg  7986362343740.jpg

中村梅雀さん 昔からのお友達で、ハコさんのステージにベース演奏で参加もありましたね。私の大好きなハコさんの曲『刹那の夢』は、前進座特別公園・中村梅雀主演「まんがら茂平次」の主題歌でした。
7986362381432 (2).jpg

そして佐藤浩市さんと息子さんの寛一郎さんからのお花。浩市さんはハコさんが映画音楽を担当した『青春の門』で主演、そして寛一郎さんとハコさんは同じ俳優事務所に所属しています。
155090.jpg

そしてステージです。大塚Heartsより大きな会場かと勝手に思っていましたが、幅が一回り小さい印象でした。天井も少し低いかも、それからステージも少しだけ狭いかもです。
7986362467356 (1).jpg

『 椅子ひとつ 問題』
さてバースデーライブです。実はハコ友さんの一人から6月20日に発売される新譜『横浜から 阿久悠未発表作品集』の追い込み作業で安田裕美さんがライブに参加できない状況なんでと聞いていて、どうなるのか心配していたのです。

でも、入り口の看板には『山崎ハコ with 安田裕美』とありましたので、安田さん追い込みに成功したのかなあなんて思って中に入っていみると、ステージには『『歌ひとつ』ならぬ椅子ひとつ』!椅子とギタースタンドは必ず二つ用意してあるのが最近の通例ですから、やはり今日はハコさん一人のステージなんですね。

『ライブの様子』
ライブの様子を少しだけ・・・。
 1.織江の唄
 ※本当に珍しくMCから始めたハコさん、話題は自分が生まれた日のこと。え、先ずは安田さん
  の不在を語るのではないの?と驚きつつも、ハコさんが実家の棟上げの日に生まれたことや
  難産であったことなどに耳を傾けました。これは『私の生まれた日』を歌うための前フリ?
  とも考えたのですが、自分のバースデーについて話したかっただけで、織江の唄に!・・・?

 2.水車の都
  ※MC抜きで次の曲『水車の都』九州つながりです。

 3.稲の花
  ※さらに水車からの稲の花・・・水田つながり??・・・
   
 4.ひまわり
  ※今夜はアレンジが施される前の、作曲されたばかりの状態の唄を、オリジナルキーで歌う
   ということで行こうと思っているMC。つまり遠回しにアレンジする人が今日はいないのだ
   と説明しているのかなあと思っていたら『ひまわり』が始まりました。
   
 5.ヨコハマ
  ※今日は休憩がありませんとMC。それから今日はずっと一人でやるとMC。
   安田さんがいない理由は説明せず、一人なので、口三味線でリードギターのメロディーを
   歌ったりするよと始まったのがこの曲でした。なるほど素晴らしい口三味線。

 6.横浜ホンキートンクブルース
  ※続いてこの曲!ギター口三味線だけでなく、ミュートトランペットも!
   
 7.ざんげの値打ちもない
  ※6曲終わって(つまりいつもハコさん一人で担当している前半が終了して)ここで、
   ようやく安田さん不在の理由説明。ハコ友さんからの情報の通り音入れの作業が機器
   トラブル遅れてしまってどうしてもライブに参加できなくなったとのこと。
   ということでここからは一人でやったことのない曲に入っていくよとMC。

 8.流れ酔い唄
  ※上村一夫さんに書いて貰ったイラストについてなど・・・。
   94228510.jpg
 
 9.ごめん・・・
  ※安田さんのイントロなしの『ごめん・・・』ハコさんのギターがに安田さんのギターが
   重なってメロディーが出来上がっているので、どうしても音不足が目立ちます。
   ハコさんの口三味線も歌いながらは無理だよねえ・・・。

 10.歌ひとつ 
  ※続いてこの歌、ハコさんのテーマソングのような唄です。
   『♪♪歌を歌うのなら 勇気がいるのだよ 全てが見えるのさ 鏡に映る心♪』

 11.BEETLE
  ※一人でやってみると、いろんな音を安田さんが出してくれていたことに気付くとMC。
   そして次に『BEETLE』をやると。安田さんのギターが縦横無尽に活躍するこの曲を
   一人でどう歌うのか?なんて思っていたらこれがすごい演奏でした。
   この日どこか頼りなさげだったハコさんのギターが突然生気を帯びて歌い始め、間奏
   の部分では、いつもなら安田さんが演奏しているメロディーを、口ずさみながら、
   ギターをかき鳴らすハコさんは、まあ凄いものでした、見ものでした。
   まさに、この日のハイライトでした!
   
 12.縁〜えにし〜
  ※ステージの最後はこの曲です。いつものように原田芳雄さんのことを語ります。
   『ハコの歌を聞くと、九州の山が見えてくる、炭鉱も見えてくる、こんなことって
    滅多にないんだぞ。』って芳雄さんはハコさんに語っていました。その芳雄さん
    の記憶の中から生み出された歌です。今はもうあちらの世界に行ってしまった
    芳雄さんに、『お前さん、だめになってしまったな!』と言われないように、
    しっかり生きて、しっかり歌っていきたいと語るハコさん。今日は一人の縁です。
    
(アンコール)
 13.新宿子守唄
  ※アンコールの一曲目はこの日のライブを聞きに来ていた外波山さんに捧げる歌です。
   この歌は劇団「椿組」2008年の花園神社公演『新宿番外地』の主題歌でした。
   その時の様子を引用しますね。「新宿番外地」の観てきた! 
   『物語が終了して、カーテンコール。
    主題歌のイントロが流れ始め、幕が再び開いた時、舞台上にはなんと
    山崎ハコさんがいて、生で主題歌を歌ってくれた。』
 ああ、観たかった!
  
 14.横浜から
  ※この日はカラオケでもう一曲!
   それが、安田さんが悪戦苦闘している新譜からの一曲でした。
   新譜、最初の仮タイトルは『ハコ meets 阿久悠 阿久悠未発表作品集』でしたが
   ハコさんが、阿久悠さんが自分のために書いてくれたような気がする、というこの曲が
   タイトルに含まれ『横浜から 阿久悠未発表作品集』  
   初めて聴きましたが、最初に聴こえてくる安田さんのギターリフがもう堪らない!
   そして語りかけるようなハコさんの歌!これは本当に良い曲ですね。

 15.気分を変えて
  ※最後は当然この曲です。ライブの前にハコ友の皆さんとこの曲が始まったら総立ちで!と
   話し合っていたのですが、この日ライブを一人でやりきったハコさん同様(!?)ハコ友
   の皆さんもいささかぐったりしていたような・・・。ハコさん緊張していたよなあ・・。
   ということで一日目のライブは終わりました。

posted by たくカジ!!日記 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年05月13日

デヴィッド・ギルモア ライヴ・アット・ポンペイ

デヴィッド・ギルモア ライブ・アット・ポンペイ

たまたまテレビの番組表をチェックしていてこの放送を知り、ポンペイのライブについて良くも知らぬまま、慌てて録画予約。なのであまり期待もしてなくて、お昼から雨が降らなければポケ活で外出していたところだったけど、録画を観て聴いてビックリ。『なに!この素晴らしさは!』って大感動して、すぐにCDをアマゾンに注文してしまった。

会場のポンペイ円形闘技場に参集したのはプレミアムチケットを手にできたわずか2,000人のファンのみ。ステージの中央にはあの円形のスクリーン(30年前の来日公演でも代々木競技場のステージありました!)があり、その前でギルモアが演奏し、観客が「Wish You Were Here」や「Comfortably Numb」を大合唱するのだよ!ほんとにその場にいたかったなぁ・・・。

このライブ映像については、昨年Zeppなどのライブハウスで絶響上映もあったんですね。何も知らんかった。

デヴィッド・ギルモア『ライヴ・アット・ポンペイ』絶響上映にロックの神秘を観た

蛇足ですが、YouTubeもチェックしていたら、こんな映像もありました。
David Gilmour - Comfortably Numb (featuring Benedict Cumberbatch)

バッチ先生、声が良くても、歌には活かせないみたいですね。


1510885293.jpg

posted by たくカジ!!日記 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年04月06日

高畑勲監督追悼

高畑勲氏が死去…昨年夏頃に体調崩し入退院を繰り返す ヤフーニュースより

早朝からポケモン狩りで出かけていたら、高畑監督死去とのニュースが表示され、慌てて家に戻りました。去年から入退院を繰り返しておられたのですね。『かぐや姫の物語』
が監督の集大成であったと思います。何回も見て、ブログもかなり長文のものを書きました。それから何と言っても「ホーホケキョ となりの山田くん」です!

82歳!まだまだお若いのに本当に残念です。合掌!

高畑.jpeg



タグ:ジブリ
posted by たくカジ!!日記 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑記

2018年03月19日

SONGS & FRIENDS produced by 武部聡志

180317_SONGSFRIEND.jpg 2018年3月17日(土) 開場 16:00 / 開演 17:00
 出演者:久保田利伸、JUJU、原田知世、横山剣、YONCE、家入レオ
     荒井由実 with ティン・パン・アレー
    (細野晴臣、鈴木茂、林立夫、松任谷正隆)
     武部聡志(プロデューサー)/松任谷正隆(総合演出)

『武蔵野の森総合スポーツプラザ』
味の素スタジアムにはトヨタカップで一度来たことがあるけれど、その横にこんな大きな施設が作られていたんですね。2020年にはバドミントン・近代五種、パラリンピックの車いすバスケットボールの会場として使用されるとウィキにはありますが、行くことはなさそうです。

会場までの道すがら・・・・ ほぼ同年代のジジババばかり。
7648145476030.jpg

スポーツプラザです。案内です。
7648145513321.jpg   7648145574328.jpg

席はアリーナB6ブロック
7648145627849.jpg   7648145636526.jpg

ステージですが遠い!スクリーンが頼りですねえ。
7648145658577.jpg

『セットリスト』
では当日のセットリストです。

【トリビュート・ミュージシャン】
 1.雨の街を         原田知世
 2.ダンデライオン      原田知世  収録アルバム:VOYAGER
 3.返事はいらない      YONCE
 4.Hello, my friend     YONCE   収録アルバム:THE DANCING SUN
 5.紙ヒコーキ        家入レオ
 6.卒業写真         家入レオ  収録アルバム:COBALT HOUR
 7.ベルベット・イースター  横山剣
 8.雨のステイション     横山剣   収録アルバム:COBALT HOUR
 9.きっと言える       JUJU
10.曇り空          JUJU 久保田利伸
11.雨の街を         久保田利伸 原田知世

コンサートのコンセプトに『今もなお愛し続けられている数々の音楽の”名盤””名作”。それはまさに「100年後も聴き続けてほしいアルバム」。その音楽の”遺伝子”を受け継ぐ様々なアーティストたちが、舞台に設けられた武部のリビングルームステージに代わる代わる登場。世代も時代もこえて、同じ音楽の”遺伝子”を持つ仲間が集い、それぞれの解釈でアルバムを1曲目から全て再現する、一夜限りのプレミアムコンサート。』とありましたから、ゲスト歌手が『ひこうき雲』から1曲ずつ歌うのかなと思ったら、『ひこうき雲』から1曲そして、ゲスト歌手が好きなユーミンの唄をもう1曲でした。あれ!?アルバム『ひこうき雲』のトリビュート・コンサートでは無いの?それってコンセプトと違うのではとの思いが膨らみ始めました。

【アルバムミュージシャン】
12.ベルベット・イースター  荒井由実 キャラメル・ママ + 武部聡志
13.そのまま         荒井由実 キャラメル・ママ + 武部聡志
14.返事はいらない      荒井由実 キャラメル・ママ + 武部聡志
15.空と海の輝きに向けて   荒井由実 キャラメル・ママ + 武部聡志
                ※シークレットゲスト:井上陽水
16.ひこうき雲        荒井由実 キャラメル・ママ + 武部聡志

続いてのステージは、アルバムのバックバンド「キャラメル・ママ」が登場して、アルバムのとおりにやってみましょうという試み。ティン・パンは矢野顕子「さとがえるコンサート2014」にも登場しましたが、この日はユーミンの旦那さんと総合プロデューサーの武部さんも加わってのステージ。残念ながらユーミンはこのアルバムの原キーでは歌えませんでしたし、「空と海の輝きに向けて」はシークレットゲスト陽水さんのアレンジでしたので、もっと感傷的になるはずがそうでもないという・・・、なんとも言えない情感を味わうことに。

【ミックス】
17.リフレインが叫んでる   松任谷由実+JUJU
18.時をかける少女      松任谷由実+原田知世+JUJU
19.コバルト・アワー     松任谷由実+横山剣
20.中央フリーウェイ     松任谷由実+久保田利伸
恋のスーパー・パラシューター  オールメンバー
【アンコール】
21.やさしさに包まれたなら  松任谷由実+武部聡志

コンサート最後のパートは、とにかく荒井由実名義の唄をみんなで歌ってしまおうというステージでした。みんなスタンディングで盛り上がったのですが、少しずつステージの進行についていけなくなっていた私は、最後まで立たずじまい。そのまま会場を後にしました。

帰る道すがら考えたのは、私は何をこのコンサートに期待していたのだろうということ。あらためて、1月のブログアルバムコンセプトライブ「SONGS & FRIENDS」を読み返してみました。そして『ラジオから『ベルベット・イースター』が流れてきたときのことを、私は今でも鮮明に記憶しています。ラジオを聴きながらまさしく心が震えました。 番組はもちろんTBSラジオのパックインミュージック、紹介してくれたのはパーソナリティの林美雄アナウンサー。』という文章を読んで理解できました。

大学を留年して1年のモラトリアムの後に社会に出て1年目の私にとって、林アナのパックインミュージックは大げさではなく心のよりどころでした。そして、その番組で出会った『ベルベット・イースター』そして『ひこうき雲』に心を奪われました。

あの頃の自分!なんかとても愛おしい!さらにそこに『ひこうき雲』というBGM!
ちょっとナルシスティックな感傷を味わいたかったのでしょうね。

まあ、そんな感傷は味わえませんでしたが、横山剣さん、JUJUさん、久保田利伸さんの歌は素晴らしかったし、当然ながら、細野晴臣さん、鈴木茂さん、林立夫さんの演奏も素晴らしかった。そこは満足です。

『蛇足』
『ひこうき雲』のプロデューサー村井邦彦さんが連れてきたのは「キャラメル・ママ」でした。ユーミンはブリティッシュサウンドをイメージしていたので、アメリカのカントリーミュージックがバックボーンにある感じの「キャラメル・ママ」に違和感を感じたそうですが、その違和感がうまくマリアージュされ、昇華されて、こんな素晴らしいアルバムが誕生したとコメント。今思えば、あのアルバムにはユーミンが親しんでいた賛美歌やバッハやヘンデルの宗教曲、それからに好きだったプロコル・ハルムを代表とするブリティッシュ・ロックのテイストが溢れていますよねえ。それが私の心を震わせたんでしょう!


posted by たくカジ!!日記 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年03月04日

原田芳雄メモリアルライブ

7567359249930.jpg 原田芳雄メモリアルライブ
 2018年2月28日(水) 
 下北沢 GARDEN
 Show Time – Open 18:30 Start 19:00
 予約 ¥5,000 / 当日 ¥5,500



Members :内海利勝(g)舘石逸見(b)恩田直幸(key)後藤雅夫(ds)
     早坂紗知(sax)松葉美保(chorus,vo)大戸恵美(chorus,vo) 原田由佳(Cho)
Guest  : 佐藤浩市、江口洋介、原田喧太(g,vo)山崎ハコ(vo)

『7回目のライブ』
原田芳雄さんが2011年7月19日に上行結腸がんによる肺炎のために亡くなられてもう7年になりました。うるう日生まれなので、この日は「裏バースデー」です。会場は下北沢 GARDENというライブハウス。原田芳雄さんのバックバンド「FlowerTop」のサックス奏者早坂紗知さんのブログによれば、原田喧太さんがとても親しくしているライブハウスなのだそうです。

入り口には前掲のイベント告知があって、階段を降りていくと、

7567359266486.jpg

多くの人が入場を待っています。
そして時間になってライブハウスに入ってみると、

7567359293081.jpg

いつものように、左手のマイクに赤いタオルがかけられたスタンドマイクがあって、その後ろにバーボンのボトルとグラスと芳雄さんの写真が置かれたテーブがセットされています。そして会場は、ちゃんと高齢者への配慮でしょうか、ちゃんと椅子が並べられていて、とても有り難し!

ライブは「FlowerTop」のヴォーカル大戸恵美さんのブルースから始まりましたが、この会場音響も抜群でした。
それからこれは毎回感じることですが、追悼ライブに集うバックバンドである FlowerTop のメンバー達、ゲスト出演した歌手の人たち、そしてたくさんの聴衆の皆さん、それぞれが原田芳雄さんを慕い、在りし日の姿・歌声を偲び、唄を捧げてくれるという、この一体感。病みつきになりますよねえ。

では、この日のセットリストです。

1.待ち呆けのブルース     Vo.大戸恵美さん ※バックはすべて FlowerTop
2.DON'T YOU FEEL LONELY?   Vo.松葉美保さん
3.Many Rivers To Cross    Vo.松葉美保さん
4.腕             Vo.山崎ハコさん
5.愛の賛歌          Vo.山崎ハコさん
6.マッカーサーのサングラス  Vo.江口洋介さん  ※ここから原田喧太さんも参加
7.Don't worry         Vo.江口洋介さん
8.ONLY MY SONG        Vo.佐藤浩市さん 
9.朝日のあたる家       Vo.佐藤浩市さん
10.風のDOWNTOWN STREET     Vo.佐藤浩市さん
11.ブルースで死にな      Vo.佐藤浩市さん
12.リンゴ追分         Vo.原田喧太さん  
13.青い蝶           Vo.原田喧太さん ※原田ご夫妻の作詞作曲
14.蒼い影           Vo.原田喧太さん
15.TEN DOLLAR ANGEL      Vo.原田喧太さん ※曲名違っているかもです。

【アンコール】
1.横浜ホンキートンクブルース 全員での唄と演奏
2.生きてるうちが花なんだぜ  全員での唄と演奏

『ハコさん』
ハコさん、この日は2曲のみでした。曲目は去年は倉橋ルイ子さんが歌った『腕』と『愛の賛歌』ロック魂が出た『腕』も素晴らしかったのですが、この日はやはり『愛の参加』です!このところ、昼ドラマ『越路吹雪物語』を見ていますので、毎日のように『愛の賛歌』を聞いているのですが、ハコさんは越路さんでもない、原田芳雄さんでもない『愛の賛歌』を披露してくれました。きっと大変だったでしょうね。

愛の賛歌 / 越路吹雪
愛の賛歌 / 原田芳雄

芳雄さん、この日で19歳と6ヶ月の年齢となりました。
20歳を迎えるのは2020年。来年の「裏バースデー」も楽しみにしています。

posted by たくカジ!!日記 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽