2017年07月04日

コレギウム・カントールム・ヨコハマ定期演奏会

6329543264203.jpg コレギウム・カントールム・ヨコハマ第12回定期演奏会
 日時:2017年7月2日(日)
 開場13時30分 開演14時

 会場:上野学園 石橋メモリアルホール
 音楽監督・常任指揮者 松下耕
 常任指揮者 蟹江春香
 合唱 コレギウム・カントールム・ヨコハマ
 ※コレギウム・カントールム・ヨコハマ(CCY)
  公式ホームページ  公式ツイッター 

『演奏曲目』
1.コダーイ・ゾルタンの遺言4 指揮:松下耕
 (1)聖イシュトヴァーン王への賛歌
 (2)孔雀は飛んだ
 (3)ノルウェーの娘たち
 (4)マートラの風景
2.混声合唱のための『地球へのバラード』 指揮:蟹江春香
  詩:谷川俊太郎 作曲:三善晃
3.Missa secunda 指揮:松下耕 オルガン:新山恵理
  作曲:松下耕 

『空前絶後の・・・』
耕友会傘下の合唱団に入っている友人から、耕友会の中でこの数年ぐんぐんうまくなっている合唱団なのだとお勧めがあり、CCY定期演奏会に来てみました。友人が勧めるものは、映画であれ、コンサートであれ、飲み会であれ(?)、とにかく万障繰り合わせて参加することにしています。もちろん、たまには期待はずれのこともありますが、世の中、とにかく動いてみないとわからないことばかりですし、たまに大当たりがあるのが愉しい!

そして、久々に大当たりの演奏会に出くわしました!
まさに『空前絶後の・・・』合唱団でした。

最初のステージは、今年の耕友会全合唱団の共通プロジェクト「コダーイ没後50年記念ステージ」として、コダーイ作曲の合唱曲が4曲歌われました。最初は「聖イシュトヴァーン王への賛歌」でしたが、この最初の曲でこの合唱団の凄さを感じました。団員数は総勢30人程度なのですが、一人ひとりが粒ぞろいで、しかもパート毎にまとまっている。

コーラスハーモニーって、あわせると言うか寄り添うというか、どうしても相手の声に合わせて行きがちだけど、各パートそれぞれが自分を主張していて、しかも全体が統一されているっていうのが理想だと常々考えているのですが、その理想に近い合唱団がいたよ!って感じたのです。

ソプラノ、アルト、テナー、ベース、それぞれに素晴らしく、ピアニシモが美しくて、フォルテシモがこちらの想像の斜め上を行くほどの、とても抑制の効いたフルスロットル(?)な音量で迫ってくる(・・・しかもあまり悲鳴が混じっていない・・・・)。いやあ〜びっくりしました。

さて、コダーイステージの4曲目が「マトラの風景」でした。
この曲には思い入れがあります。学生時代(もう45年以上も前のことですが)に所属していた合唱団の定演でこの曲を演奏しました。客演指揮者に増田純平先生をお招きして、必死で練習を積み重ね、ステージも結構上手く歌えていたのですが、第4曲目でバリトンのソロが出だしの音を間違えたのです。

その時の「なにやってんだよ!」という思い、「どうすんだよ!」って思い、もう45年も経ったのに今でも鮮やかに蘇ってきます。そして、そのシーンで、増田先生が軽く口笛を吹いて鮮やかに音程の訂正を行ってみせたことも同時に思い出します。しかし、あんな素晴らしい曲をちゃんと歌いきれなかった、その後悔たるや・・・う〜〜〜〜ん・・・。

しかしですよ!その後悔を、CCYは見事に洗い流してくれました。
別に自分が歌った訳ぢゃないし・・・、なんでこんなに喜んでしまうのか訳がわからないのですが、誘ってくれた友人(一緒にそのステージに立っていたのです)と手を握り合って感動を分かち合いました。休憩時間に何やってんだか・・・。しかし、しかし、最後の音のハーモニーとダイナミクス素晴らしかったなあ!

驚きべきは、そのハーモニーとダイナミクスが最後のステージまでずっと続いたこと。
それから、みんな楽しそうに歌っていることも、とてもとても好ましい。
思ったのだけど、混声合唱団って、四声のレベルが揃うことって難しいですよねえ。
大体において、女声は素晴らしいけれど、男声が非力であったり、野卑(?)であったり。
しかし、CCYは男声もというか男声が(!)素晴らしい。テナーもベースも素晴らしい!
これ特筆しておきます。

それから忘れずに書いておきますが、続く第2ステージの混声合唱のための『地球へのバラード』。それから混声版委嘱初演だった第3ステージの『Missa secunda』。それぞれに堪能しました。楽しみました。

このステージ、CD化されないのかなあ??
是非買いたいなあ。と願いつつ、これからも彼らの演奏会に注目していきたいと思います。

posted by たくカジ!!日記 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年06月28日

山崎ハコ 『歐林洞』ライブ

湘南special LIVE 2017〜あじさい〜Vol.16 ハコと紫陽花vol.3
2017年6月24日(土) 歐林洞ギャラリーサロン
山崎ハコ (vo/g)、 安田裕美(g)
music charge ¥6,000
door open: 16:00
show start: 16:30

『歐林洞ギャラリーサロン』
「歐林洞ギャラリーサロン」に来るのは三回目になります。ここはギャラリーサロンですから、ライブ会場として使っていますが、ステージがあるわけでもなく、教室のような空間に演奏者用の椅子と譜面台を置いて、少しだけ距離を開けて客用の椅子がズラッと並べている。おまけに平坦ですので、椅子がたくさん並んでしまうと前の人の頭が邪魔でステージが見えにくい。つまりライブ会場としてはあまりふさわしい場所とは言えず、なるべく早い整理番号のチケットを入手して前の方で聴くほうが良いところなのです。ただ、この日は少々野暮用があり、前の席が確保出来ず!ちょっと残念な状況でライブは始まりました。

『セットリスト』
ではライブのセットリストです。

1.ヨコハマ
 ※最初からハコさんと安田さんが一緒にステージへ。そして始まったのがこの曲でした。
  この曲から始まるのは本当に珍しいことなので、ちょっとビックリでしたが・・・。

2.横浜ホンキートンクブルース
 ※つづけてさらにこの曲でさらにビックリ。歌い終わってのMCで、腱鞘炎が心配だった
  こともあり自分がギター弾かない曲を主体にセットリストを考えたとの説明がありました。
  もちろん最初の二曲では、ハコさんもギターを弾きましたが、安田さんが活躍するパートの
  多い楽曲ということで選択したのでしょうね。ただ、ハコさんからは腱鞘炎が心配だった
  けれど全く問題なく弾けたから大丈夫との説明もあり、一安心ではあります。

3.100万本のバラ
 ※最初のカラオケ曲(といって全て安田さんの打ち込みです)はこの曲!
  加藤登紀子さんが翻訳作詞された歌詞が原曲に忠実なんだけど、ピロスマニの人生について
  もう少し踏み込みたかったので創作の歌詞を考えて、山崎ハコの『100万本のバラ』として
  歌っているとのMCあり。詳細は【追記】をご覧になってください。

4.オー・イー・ファンテ 海の子供
 ※ポルトガルのファドですね。去年の豊橋ライブ以来で久しぶりに聴けました。
  ハコさんのファド、それから安田さんのギター絶品です。

5.昨夜の男
 ※五大路子さんが毎年上演されているお芝居『横浜ローザ』の挿入曲。
 『山崎ハコ 40周年バースデーライブ』で歌われて、五代さんのブログで以前から
  ハコさん歌っていたことを知った唄です。曲の長さ、曲の内容、その全てが正しい歌謡曲。

6.鳥に帰る
 ※つい1週間前の豊橋ライブでの絶唱を思い出しました。
  この日の「LALALALA〜」は少し内省的。でも本当に良い曲です。
  
7.ごめん・・・
 ※最新アルバム『私のうた』1曲目の『ごめん・・・』
  歌い終わって、おじさんから『ハコちゃん!』と声がかかる。ハイと答えるハコさん。
 
8.歌ひとつ
 ※この歌は自分の戒めになっているとハコさん。歌には全てが現れてしまう。
  だから、歌が汚れないように、覚悟を持って生きていくのだ・・・と。
  https://mojim.com/twy110852x9x9.htm
    
9.縁
 ※原田芳雄さんが亡くなられたことがきっかけで出来た歌だけど、この曲が出来て、
  アルバムが出来て、この歌を業界のみんなに聞いてもらいたくてアルバムを抱えて
  みんなに聞いて!聞いて!と頼んでいるうちに自分が変わり、強くなったと感じる。
  そんなMCがありました。ハコさんにとって大きなきっかけになった歌です。

10.私のうた
 ※歐林洞でのライブはこれで最後になるとのMCがあり、最後の歌は『私のうた』

  アンコール
1.この素晴らしき世界
 ※ルイ・アームストロングの名曲です。『この世界は捨てたもんじゃない・・・』
 
2.気分を変えて
 ※最後はやはりこの曲です。みんなで手拍子をして楽しんで、それからハコさんとの
  「エア・タッチ」でライブは終了しました。

続きを読む
タグ:山崎ハコ
posted by たくカジ!!日記 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年05月11日

Pokémon GO 新しい設定??

『バージョン1.33.1』
新しいバージョンがアップされているようですが、まだ私のスマホには通知なし。
そんな中、こんな記事が目につきました。
【ポケモンGO】ついにアレが対策!今回のサイレントアプデも凄い!【解析】

記事は新しいバージョンの内容よりも、内部のコードについての分析への言及が主ですが、個人的に興味深いのは、『ジムで同じポケモンを置くのに制限が出来る』のでは?という分析です。

ハピナスタワーやカイリュータワー防止

是非やってほしいですね。
ジム攻略もレベルが4以上で、しかもカイリュウやハピナスだらけでは、まったく戦う気になりません。時間をかければ倒せるけれど、そんな時間があるならあるきまわって、ポケモンゲットして、レベルを上げるほうがずっと嬉しい。さて、どんな制限になるのか?いつなのか?????

fdfc7b8ae4ba20ee85269485ce063e592de905f627481c0f30c08b39d18c3831859b657e.jpg


posted by たくカジ!!日記 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑記

2017年05月10日

「ラーメンな女たちツアー」が終わって

『ツアー終了』
上原ひろみさんのブログでラーメン情報とともに報告されていた『ラーメンな女たちツアー』が先月末札幌教育文化会館で開催されたコンサートを持って終了しました。私が聴いた4月18日の東京文化会館でのコンサートについてももちろん書き込みがありましたが、
http://blog.hiromiuehara.com/2017/04/tokyo-japan-96.html
札幌のコンサートについてはこんな書き込みです、
http://blog.hiromiuehara.com/2017/04/sapporo-japan-10.html

 『ラーメンな女たちツアー最終日。
  大好きな矢野顕子さんと、
  夢のような2週間強を過ごせました。
  足を運んでくださった皆様、
  本当にありがとうございました!』


今思うと、東京でのわずか1公演しか聴けなかったのがとても心残りですが、
ひろみさんが”夢のような2週間強を過ごせました”と思ったのであれば、とても嬉しい。
これから、彼女はアルパ奏者のエドマール・カスタネーダさんとワールドツアーをしばらく続けることになります。日本に戻ってくるのは12月かなあ??

ひろみさんのブログにはこんな文章が掲載されています。
「みんなの夢を乗せた船」2017年3日15日 上原ひろみオフィシャルブログより

もっと日本でのライブを増やしてほしいと思うけれど、メッセージで登場するモンタナのファンの皆さんの描写を読んでしまうとねえ・・・。熱烈なファンだけでなく、『私ね、今日65歳の誕生日なの!それで、さっきあなたのライブを見たんだけど、本当に65年間生きてきてよかった!65になっても、まだこんな知らない感覚が、人間にはあるのね。びっくりよ。本当にありがとう!』とひろみさんに感謝するおばちゃんもいる!そしてきっとわかってくれる聴衆がいてくれると、わずか2300人の人口の街に、上原ひろみさんを呼ぼうとするイベンターもいる。これじゃあ、ツアーやめられないよなあ・・・なんて勝手におじさんは思ふ。

「ラーメンな女たちツアー」のもう一人の主役 矢野顕子さんはこんなツイート!
 『自分の全体力全気力をもって日本を駆け抜けた、上原ひろみさんとのラーメンな女たち。
  それが終わってすぐ、今度は自分の持てる全ての内面的音楽の力をぎゅうっと絞り出し,
  人間的表面張力によって其れを維持するという、またもや非常に骨の折れるプロジェクト
  をやっている。チャレンジが好きなんだな。』


65歳のおばさんが感動で心が打ち震えるような、そんな”ナニか”を求めて、おじさんもチャレンジしないといけない!そう思う朝です。


posted by たくカジ!!日記 at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年05月03日

ヘルプミー

『WORLD OF DANCE 2017 Germany』
ドイツで開催された世界ダンスコンテストの優勝チームが、山崎ハコさんの曲を使っているとの情報が、ファンの方からもたらされ、ハコさんにも伝わり、鎌田實先生がブログで紹介するという流れになっています。

ダンスコンテストの模様はYouTubeに公開されています。
ART ONE | 1ST Place Upper | World of Dance Germany Qualifier

鎌田先生のブログはこれです。
山崎ハコの風が吹いてきている 鎌田實「八ヶ岳山麓日記」より

どういう経緯で「ヘルプミー」がダンスに使用されるようになったかは不明ですが、ハコさんが10代に作った曲が40年以上経過してもこのように人の心を動かしていることに驚くばかりですね。

私もこの曲が収録されたアルバム『綱渡り』を発表の1976年に購入、何回も何回もアルバム(LP!)を聴いたものですが、改めて聴き直してみると、シンプルなアレンジなんだけど、キーボードの響きとかドラムの響きがプログレッシブ・ロックのバラード風なことに気づきました。違うよって言われるかもだけど、例えばキング・クリムゾンの「I Talk to the Wind」のムードによく似ているなんて・・・。

なのでちょっとLPを引き出してきて、アレンジとかレコーディングメンバーを確認しました。

6027373125858.jpg

アレンジ:ミュージシャンアレンジ
アコースティック・ギター:笛吹利明さん
エレクトリック・ギター:松原正樹さん
エレクトリック・ベース:Masakazu Fujii
キーボード:信田かずおさん
Yamaha drums:見砂和照さん  


ミュージシャンアレンジということは、その場のノリということなんですよね。
ベースの方がよくわかりませんが、エレキはハコさんが<strong>掲示板で触れられておられるように、昨年亡くなられた松原正樹さんで、印象的なキーボードは多くのミュージシャンのレコーディングに参加されておられる信田かずおさん。そしてさらに印象的なあのシンバルは見砂和照さん!つまり東京キューバン・ボーイズの見砂さん、なんですね!

なんか凄いスタジオミュージシャンが揃っての録音だったのですね。
だから、サウンドも色褪せないし、今聴いてもまったく古くない!
そう言えば、ハコさんの大岡山『Goodstock Tokyo』ライブについて書いた時に、このアルバム『綱渡り』の前のアルバム『飛・び・ま・す』の録音の際のエピソードについて書きました。『飛・び・ま・す』がファーストアルバムで、『綱渡り』がセカンド・アルバム。スタジオに集められた手だれのミュージシャンがハコさんをみての第一声が『子供じゃん!』だったそうだけど、このアルバムでもやはりミュージシャンの皆さんは『子供じゃん!』と思っていたのでしょうね。

でも楽曲が優れていたから、こんな素晴らしいアレンジと演奏をつけてくれた。それが今、40年も経過してヨーロッパで小さなブームとなっている。とてもとても興味深いことですね。

posted by たくカジ!!日記 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽